2006年01月09日

ありがとう

私は、毎朝起きたらすぐにパソコンのスイッチをONにする。
コメントを早く読みたいからだ。

時には、虚しく“0件”と表示されることもあり、そんな時はガックリしてしまうが、たくさんコメントが来ている日は、それだけでとても嬉しい一日のスタートになる。

コメントをいただけるだけでも嬉しいのだが、今朝は、“私の弱さ”についてのコメントの中に、とても嬉しいビッグニュースコメントがあった。以下、引用させていただこうと思う。

yukikoさんこんにちは。
お体心配です。
微妙な変化が心を刺激してしまうのですね。
焦らずじっくりいきましょう。

話は変わりますが、日本ブログ大賞2006」というのが開催されていて、そこの読み物部門にyukikoさんのBlogを勝手に登録してしまいました。
推薦という形で。
もし、心に負担がかかるのであれば、このコメント自体消していただいて結構です。
詳しくは↓をご覧ください。
http://www.blogaward.jp/

yukikoさんのBlogなら、1位も可能だと思っています。
タイミングが悪かったかなとも思っていますが、ケータイ書籍としての発売のチャンスもあるので、良かったら見てみてください。

以上コメントより


私のブログを推薦してくださった上、体調まで気遣っていただき、コメントを消してもいいとおっしゃるあさひさん。本当にこのコメントを読んだ時、嬉しくて胸がいっぱいになり、じんわりと涙が滲んできてしまった。。

私はブログ大賞の存在も知らず、ましてや推薦いただいているなど考えもしなかったこと。あさひさんにどんな言葉で感謝の気持ちを表せばいいのか言葉がみつからない。言葉にすると軽くなってしまうかもしれない、でも、やはりこれしかない。

“ありがとう”

このあさひさんの推薦によって、私は一歩前に進むことができるかもしれない。
例え大賞がとれなくとも、何かのきっかけになるかもしれない。
チャレンジしてみようと思う。頑張ってみようと思う。

私のブログを読んでいただいて、少しでも何か感じるところがありましたら、
日本ブログ大賞へ一票投じていただけますよう、よろしくお願い致します。
(ログインして推薦文を書いていただけると一票入ります)
投票の締め切りは2月14日です。

読み物部門 応募総数 381 現在 120位
投票はあさひさんと私の2票です。

皆様の力を貸してください。
よろしくお願いします。

こっちはいつもの人気blogランキング欲張りかな…、クリックお願い致します☆  

Posted by late_bloomer at 12:24Comments(27)TrackBack(0)

2006年01月01日

こんにちは〜2006年

謹賀新年☆

一年のスタートだ。
毎年必ず“今年の目標”を掲げるものの、その年の終わりには忘れてしまっていることが多い。事実、去年も思い出せなかった。。だが、今年は違うぞ。ここにこうして記すことで、忘れそうになっても思い出すことができるのだ。

ということで、今年の目標を。

1)心身ともに健康になること(これ一番大事。あとは順不同)
2)北海道と沖縄に行くこと(これまで遠くに行かれなかったから、今年は是非)
 寒いうちに沖縄へ行ってゴルフをする。
 暑くなったら旭川の日本一の動物園に行く。
3)一緒に行けるパートナーを見つけ出すこと。 
4)社会復帰をする(できれば書く仕事で)
5)たくさんの人に会い、刺激をもらうこと。
6)人を大切に自分を大切にする(甘えるのとは違うぞ)

毎年、大きくガツンと目標を立ててきたが、今年は一つずつ消化していけるような目標が思い浮かんだ。なんでだろう・・?
とにかく、今日から、一つでもいいから目標に向かって進んで行こうと思う。
良い年にできるかできないか、自分次第で決まるのだ。

皆様、今年もよろしくお願い致します!

2006年一発目の人気blogランキングクリックお願いします☆


  
Posted by late_bloomer at 13:36Comments(95)TrackBack(1)

2005年12月31日

さようなら〜2005年

あと数時間で2005年が終わる。

大晦日というのは、“静かにゆっくりと過ごし、次の年を迎えるのを待つ日”らしいが、私は、毎年大晦日が大掃除の日になってしまう。。

徹底的に埃をはたきだし、落ちてきた埃をふき取り、カーペットが擦り切れるんじゃないかというくらい掃除機をかけて、洗濯機を2回かけたところで休憩した。

その後、何年ぶりだろうか?愛車のマメを自分の手で洗った。
知らないうちにこすっているもので、今迄機械任せで気が付かなかったが、細かい傷をたくさん発見してしまった。もっと大事に乗らなくては。。

エアコンが壊れ、ウオッシュアー液が出なくなり、どんどん壊れていくマメだが、もう少し頑張ってもらいたい、そんな気持ちが強かったのだろうか。冷たい水で何度も雑巾をすすぎながら、ピカピカに磨きあげた。埃まみれだったマメもすっかり綺麗になり、ちょっと若返った感じだ。お願いだから、来年の夏までなんとか頑張ってくれ。。

こうして、今年は自分の手で、ゆっくりお世話になったモノ達を綺麗にすることができたのは、時間に余裕があったからである。そして、その余裕ある時間を、ただ空虚な時間の流れではなく、いろいろ感じ、考え、内容の濃い時間にすることができたのは、ブログを通していろいろな方と出会えたからに他ならない。

本当に贅沢な一年だった。
来年も是非、贅沢な一年だったと締めくくれるようにしたいと思う。


皆様、本当に今年はたくさんお世話になりました。
そして、来年もたくさんよろしくお願い致します。

皆様にとって素晴らしい一年でありますように...☆
良いお年を!


いっけね〜、まだ年賀状書いてなかった。ダメな私に人気blogランキングクリックお願い致します☆
  
Posted by late_bloomer at 17:42Comments(704)TrackBack(0)

2005年12月28日

会社からご覧の皆様へ

今日が仕事納めの方、多いことと思います。
振り返ってみると、一年って“あっ”という間だけれど、会社にいる一日は長いのなんの、ですよね。。

私が6年間お世話になった会社は、お休みが30日〜3日までとすごく短かったので、お正月休みはそれこそあっという間に終わってしまいました。

皆さんは、どんなお正月を過ごされるのでしょう。

私の家には親戚がなく、お正月と言うのは毎年とっても寂しいものなのです。
子供の頃から誰よりもお小遣いが少なく、行事が少ない。
祖母とも同居していたので、帰る田舎もなし。
今は弟も姉も家を出てしまったので、ますます寂しいお正月になってしまいました。
私がいなくなったらもっと寂しいだろうなと、これも親孝行の一つと考え、両親とお正月をのんびり家で過ごすつもりです。

結婚されてる方は、嫁としてのお努めがあるかもしれませんね。
気の重いお正月の到来かもしれません。

いずれにせよ、仕事から解放される貴重なお休みです。
今年は極寒ですが、心も体もお仕事モードから切り替えて、ゆっくりしてくださいね。

私にとってこの一年は、物凄く変化のあった年でした。
去年までは数年間同じような一年を過ごしていたのに、いつ変化がくるかなんてわからないものですね。この一年間は、全く仕事をせず、半分は寝ていたように思います。

そんな中、ブログを始め、読んでくださる方が増えて行き、私の毎日に大きなハリがうまれました。書くことを仕事にしたい、という夢は今年はかないませんでしたが、こうしてほぼブログを毎日書いていくことができたのは、やはり、読んでくださる方々のおかげです。自分の存在価値をこのブログの中で私は見出してきました。

仕事の合間にちょっとした息抜きになれたら、時々ぷっと笑ってもらえたら、そして、時には私の悩みを聞いてもらえたらと、いろいろな思いを込めて書き続けてきました。来年もまた続けていけたらいいなと思っています。

一年間お仕事お疲れ様でした!
そして、読んでくださってありがとうございました!
来年もよろしくお願いします☆

お前もお疲れ様、の人気blogランキングクリックいただけると嬉しいです☆
  
Posted by late_bloomer at 12:02Comments(6)TrackBack(2)

2005年12月21日

恋人募集します。

世の中には、30代後半女性に合う、素敵な独身男性がたくさんいることと思う。
だが、一体どこにいけば出会えるのか?

“素敵な人、絶対現れるから”と私がB子ちゃんに言っても説得力はゼロだ。
何せ私は、家で犬の世話に明け暮れる生活をしていて、私自身まったく出会っていないし、友人は皆既婚者。いや、待てよ、OLをしていた時だってそうそう出会いなどなかったではないか。

そうやって多くの女性は、恋人が欲しいと思いつつ“いつか出会いがある”と信じ、気が付くとまた1年経ってしまった、なんてことになっているのではないか!?
出会いは待っているだけではやってこないのだ。どんどんチャンスを作らなくては!

ということで、この場で恋人募集をしてみようと思う。
ついでに私も☆

ルールとマナーを守れる正真正銘の独身男性の方
年齢・職業・居住地・B子ちゃん希望、yukikoちゃん希望を明記の上、
ブログ上のアドレス宛にメールを下さい。

なんだか怪しいサイトの内容みたいになってしまいましたが、真面目な気持ちで考案したものです。

こんな出会いがあってもいいじゃないか!

いい企画だ続報も頼む!という方人気blogランキングクリックお願い致します☆
  
Posted by late_bloomer at 11:44Comments(28)TrackBack(0)

2005年12月08日

私の自慢

私はブログを始める時、自分の中で一つだけ決めたことがある。
それは、“後味の悪くならない文章を書くこと”である。まぁ、ブログを書いている人の中で、わざわざ後味の悪くなるような記事を書く人もいないと思うのだが、“あ〜、おもしろかった”と単純に思ってもらえたらいい、そう考えてスタートしたのだ。

なぜなら、私自身がそういうモノが好きだからである。映画にしても本にしても、笑いがあったり、ちょっとホロっときたりがあって、で、最終的には“あ〜おもしろかった”と思えるものが一番好きだ。あまり小難しい話や、悲劇すぎる話、批判的な話を見たり聞いたりすると、私は感情移入しやすいので、すぐに影響されてしまい、重い気分からなかなか抜けられなくなってしまう。なので、なるべくそういう類のモノは選ばないようにしているのだ。

だから、私の目指すところも“あ〜、おもしろかった”なのである。

最初は、カッコつけた文章ばかり書いていた。
タイトルに沿った内容でなければ、と必死になって「女の価値は自分で決める」に結びつけるような文章を書くよう無理をしている部分があった。だが、そのうちだんだん本性丸出しの小話が多くなり、そして、良い意味で“いい加減さ”を覚え、思ったことをそのまま書き綴っていたら、気が付いたら「女の価値は自分に決める」になんとなくつながってるじゃん、という文章がかけるようになってきたのだ。サブタイトル通り、進化を遂げてるじゃん!だ。

なぜ、進化を遂げられたかというと、それは、読み手の懐の深さにある。
“後味の悪くならない話を書く”とかいいながら、本性丸出しになってきた辺りから、泣き言や愚痴をも書くようになってきてしまった。だが、そこにくるコメントの言葉の深さ、私はそこからたくさんのことを教わり、学んできた。年齢や性別に関係なく、いろいろな角度からの意見をこんなに知る事ができる、blogというツールの一番良いところを、私は存分に味わっているのだ。

そう、私の自慢は、読み手のレベルの高さだ。
足跡を残してはいかないけれど、そっと読み続けてくれている人達がいる。
コメントを残してくれる面々同様、自分をしっかり持った思慮深い人達だ。

すごくおもしろいなと思う。
立派な文章を書く人のところに、立派な人達が集まるとは限らないのだ。
“私が書くより、あなた書いた方がいいんじゃありませんか?”と思わせる人達ばかりが集まっているように思う。とても不思議。なんでだろう?

というわけで、昨日はまた、たくさんの言葉と見えない力に助けられ、私はまた肥えることができた。その感謝の気持ちは、これからの文章で表して行きたいと思う。

なぁんちゃって、また気取っちゃったよ。
ありがとうございました!これからも温かい目でよろしくお願いします☆

大変申し訳ないのですが、今日も一発人気blogランキング応援クリックお願いします☆

  
Posted by late_bloomer at 02:14Comments(26)TrackBack(0)

2005年11月29日

微妙・・

最高得点の3330点をマークした!!
カウンターを見ても、過去最高の数字が出ているのだ!
ここまで頑張ってきて本当に良かった。一生懸命続けてよかった。。
たくさんの人が私の文章を読んでくれたのだ。こんなに嬉しい事があるだろうか。

と、心の底から思いたいのだが、そりゃぁ、違うだろ。
エニアグラム様のお蔭だろ。
・・わかっているさ、そんなこと・・。

でも、それでいいのだ。
ここの読者サマは、仕事の合間ほっと一息ついた時に来てくれる方々が多いのだ。
そんな時、エニアグラムでリフレッシュされたなら、こんなに嬉しい事もない。
カウンターは正直だ。。月曜日が一番ヒットが多く、週末はちょっと寂しい。。

月曜日からガッツリ仕事なんかしてられるか、である。
毎日毎時間仕事一筋でやってられるか、である。

でも、お仕事されてる皆サマ、どうか見つからないように一息入れてくださいね。

では、エニアグラムの力を借りずとも、たくさんの方に見ていただける記事をかけるよう、明日また出直します。

お前なら書ける、頑張れよの人気blogランキング励ましクリックお願いします☆

でも、エニアグラム好評で良かった♪
「もう知ってるよ、おせーんだよ」とお怒りの声があるのでは?
と内心ビクビクしておりましたの。。
  
Posted by late_bloomer at 01:10Comments(9)TrackBack(0)

2005年11月28日

あなたは?

以前、私が自分で自分の事を“おっとりしているお嬢さんタイプ”だと思う、と友人達に話したところ、そこにいた全員が、思いっ切り同時に首を横に振ったという話から、自分のことは案外自分はよくわかっていないものだ、と書いたことがあるのだが、自分の事がよくわかるというおもしろいテストを教えてもらったので、早速やってみた。

エニアグラムというもので、質問に、20歳以下だった頃を思い出しながら答えていくと、1〜9に分けられたタイプのうち、自分がどのタイプなのかわかるようになっている。

ちなみに私はタイプ4だった。
うっ、結構当たってる。。痛いところを突いてるな。パンチを食らった気分だ。
だが嬉しかったのは、このタイプ4、芸術家タイプらしく、職業適性に詩人・小説家と書いてあったのだ。エッセイストやコラムニストとは書いてなかったが、思い切って詩にもトライしてみようかなという気分になった。(うそ)

そしてこのタイプ4は、タイプ1の人から学ぶことが多いという。
って言われても、誰がタイプ1だかわかんなくちゃ学びようがないじゃん、ね。

ということで、より良い人間関係が築けるよう身近な人にもやってもらっちゃおう!

さぁ、皆でレッツトライ!

結果教えてくださいね?☆

エニアグラムから戻ってきて!人気blogランキング応援クリックお願いします☆

おかげさまで昨日も3300点まで行きました!
ありがとうございます!!
  
Posted by late_bloomer at 00:05Comments(35)TrackBack(4)

2005年11月26日

実録!派遣社員

昨日アップした「タイトル」という記事に対していただいたコメントの中で、大変興味深いものがあった。話は「タイトル」の内容そのものについてから、「派遣社員とは」というやり取りに発展した。

これから派遣社員として仕事をして行こうと考えている方に、派遣社員がどういう位置づけとして考えられているのか、また、派遣として働いていた者がどういう気持ちで働いていたのか。双方の考え方が良く現れているやり取りだったと思う。
今後の参考になればと思い、以下、そのやり取りを抜粋したので、読んでいただけたら幸いである。

<いただいたコメント 
興味深く読ませていただいておりますが、読むほどに疑問が湧き上がって来ます。
何故、派遣社員の道を選んだのでしょう?正社員と同等な仕事をすることの何が疑問でしょう?30代への厳しい目とは何でしょう?本当に今の世は30女を見下していますか?
「女としての幸せは幾らでも道がある」には共感しますが、欲が多すぎて自らの義務や責任を見失っていたり、年齢相応では無い人に対してだけでは?
そもそも価値とは自分で決めるものではなく、周囲から認められて初めて生まれるもの。自分をレベルアップすることで価値を高めていくのでは?

批判的なコメントと解釈されそうですが、読む度に余裕が無いような気がして心配になってしまいます。肩の力を抜いて、もっと気楽に生きたらどうでしょう?

<コメント,悗硫鹽>
派遣社員の道を選んだ理由は一つ。
すぐに働いてお金を得る必要があったからです。選んでいる猶予はありませんでした。

そしてなぜ、正社員と同等の仕事に対して疑問を持つかという質問ですが、昨今の派遣社員とは、名前だけが派遣であって、実際は社員と同じ仕事をしなければならない。けれど、社員とは待遇がまったく違います。
私がいた会社では、派遣社員に仕事を押し付け、悠然とサボっている社員の男性がたくさんいました。彼らを見るたび、年収一千万円もらっている人たちと、なぜ同じ仕事をしなければならないのだろう?と疑問に思いました。そう思う方が普通だと思います。

欲が多いのは悪いことでしょうか?
義務や責任を怠っている人には、幸せの道はたくさんありません。
そもそも、そういう人たちは何も悩むこともなく考える事さえしないでしょう。

>自分をレベルアップすることで価値を高めていくのでは?
その通りです。だからこそ、自分をどんどんレベルアップさせて行こうよという意味で書いています。価値や評価は周りがすることかもしれません。でも、そのジャッジがすべて正しいとは限りません。時には自分で価値を認めてあげてもいいのでは?と思います。

余裕がないように思われて当然かもしれません。
私は今発展途上におり、一生懸命に頑張っている最中だからです。
すべての文を読んでいただいてはいないと思いますが、適当な暮らしぶりを綴っているのもありますし、結構ゆるゆるな生活してますよ☆
真摯なコメントありがとうございました!

<いただいたコメント◆
早速のお返事、ありがとう御座いました。
yukikoさんが仰る事もわかりますが、派遣社員の扱いはどこの会社も同じでは無いでしょうか?下手をすれば社員より高い自給で派遣会社に委託していますから、お金を払っている以上は最大限の労働力を求める事は当然かと思います。
うちも派遣会社と似た形態で仕事をしており、若い人達もあなたと同じ事を言いますが、何故出先の社員と同等の権利を求めるのかが疑問なのです。仕事の関係で偶然大企業に出向き、そこの社員と肩を並べて仕事をしてはいますが、そこの社員では無くうちの社員なのです。
うちの信用が有ってそこで働けるだけで(稀に正社として引き抜かれる者も居ます)、そこの会社に雇って下さいなどと言っても普通は無理なのですよ。派遣社員である以上は不要になればいつでも切れる、保障に値しない労働力でしかないのです。

それと、心配なのは生活では無く気質なのですよ・・・。

<コメント△悗硫鹽>
私が入った頃はまだ、派遣社員はただのアシスタント業務だけでした。これは時給に見合ったものであり、精一杯努力するのは当然のことと思います。ところが、どんどん企業側が安くて使い捨てできる人材として派遣社員と社員の仕事を同レベルまで持っていった。そして、社会はその派遣を守る為の法も改正しましたが、その法を潜り抜けてまで安く使える派遣を使いまわすようになった。その頃疑問を持ち始めたのです。でも、派遣と言う立場を選んだのも自分です。だからこそ、このままではダメだと思い、奮起し、次の目標を立てたということです。正社員と同レベルの仕事をして、同等のお給料がほしいとか保障がほしいとかそういうことではありません。大企業の社員になりたいわけでもありません。ただ、安月給で使い捨てされる自分の仕事に疑問を持ったということです。それがわからないほど、未熟ではありませんよ。。

もちろん生活苦とかそういう意味でお答えしたわけではありません。
気質についてお答えしたつもりです。私は余裕を持てるほどまだまだ人間の器ができているわけではないし、他の文章では、だら〜っと気を抜いた生活もしているという意味で書かせていただきました。

ただ、それぞれ皆持って生まれた性格でしか生きられないと思いませんか?
私はこの気質と向かい合って生活していくしかないのですから。。
自分でできる力の抜き方、それは私なりにしているつもりです。

以上、初めての熱い討論でした☆

人気blogランキング応援クリックお願いします☆

昨日は3200点に到達しました!
ありがとうございました!!
  
Posted by late_bloomer at 02:10Comments(23)TrackBack(1)

2005年11月19日

この願い届きますように☆

そろそろインフルエンザが蔓延しだす時期になった。
人にはそれぞれ強い季節と弱い季節があるらしく、どうも私は11月から1月くらいの間が弱いようで、派遣社員として働いていた時、毎年必ずこの時期になると、40度近い熱をだしていた。

一番最初に熱を出した時は、朝食事を普通にし、普通に会社に出かけて、いつも通りに仕事をしていたら、突然激しい寒さに襲われた。もう歯がガチガチして震えが止まらないのだ。その会社では派遣社員は会社の医務室の利用ができなかったので、普通じゃない寒さに“これは結構ヤバイ”と思い、どうにかなっちゃう前に早退させてもらうことにした。

家に帰って熱を測ってみると、40度も熱がある。
寒いはずだよ・・、と思いながら、お化粧も落とさずドサっと布団の中にもぐりこんだ。熱はすぐに冷ますより、悪いものが出るまで冷まさず我慢した方がいいと母に言われても、節々は痛いし、頭はガンガンするし、とても眠れたもんじゃない。その日は家にあった解熱剤を飲んで眠ることにした。

翌朝目が覚めると、まだ熱は39度もあった。
仕方なく病院へ行くと、先生は風邪でもインフルエンザでもないと言う。私はてっきり“インフルエンザだわ”と思っていたのでちょっと拍子抜けしてしまった。
え?じゃぁ、なんでこんな高熱が出るんだ・・?原因はストレスだという。
当時、あまりストレスを感じていなかっただけに、こんな形で体が悲鳴をあげることがあるのかと私はびっくりした。体って不思議だ・・。

その翌年も、私は同じように会社で突然高熱を出した。二回目ともなると慣れたもので、今度は会社から病院へ直行した。その方が楽だからだ。病院で熱を測ると案の定41度もあった。看護婦さんは驚き、「あらやだ、41度もあるわよ。そんなきちんとした格好をして・・。一人で来たの?大丈夫?」と、とても親切にしてくれ、私が「会社帰りですから」と言うと、目を真ん丸くして「偉いわねぇ」と褒めてくれた。
褒められるって嬉しい。私は思わずうるうるしてしまった。。
そしてその時も、前回同様風邪でもなくインフルエンザでもないと言われ、ストレスからくる知恵熱のようなものだと言われたのだ。

辞める直前まで必ず一年に一度、この時期には高熱を出し続けることになってしまった。

体はとても正直で、どこかで無理をしていると必ずこうして信号を送ってくれる。
その信号を軽く見ず、きちんと対処してあげて欲しい。

さて、仕事を辞めて初めてこの時期に突入した。
今年熱が出なかったら、やはりストレスの原因は会社だったということになるだろう。だが今年熱が出たら、私のストレスは一体どこから来てることになるのだ!?

あんな辛い思いはしたくないし、ストレスの正体を知るのも怖いので、今年は万全を期してこの時期を乗り越えようと思う。

皆様が健康で、無事、寒い冬を過ごせますように。。

ストレスって得体がしれないだけに怖いなと今更思う私に、しっかりしろよの人気blogランキング応援クリックお願いします☆
  
Posted by late_bloomer at 00:37Comments(20)TrackBack(0)