2007年03月18日

強運な女

ブログを書かなくなってほどなくして仕事も辞めた。

お気楽な週3〜4日のアルバイトで、車の試乗コースで、仲間とワイワイやりながら楽しく働いていたのだが、前職の経験から、フルタイムの事務職へ異動することになってしまったのだ。一応“抜擢”という形だったので、私としても“がんばらなくちゃ!”と気負っていたところがあった。

前職で事務をしていたとはいえ、会社が変われば事務の仕事はまったく違うものになる。事務職ほどあいまいな職はないのではないかと思う。事務員は結構大変なのだ。

前の会社では、担当がきっちり決まっていて、そのことに没頭することができた。視野が狭く深く掘り下げていくほうが得意な私にとっては、その仕事が向いていたということにこの時やっと気がつくこととなった。

新しい事務職は、きっちりとした線引きが全然なかった。
総務のようなこともすれば経理の仕事もあり、営業をフォローする営業事務でもあり、パソコンを駆使しての入力業務もバンバンあった。小さな会社では大抵こうではないかと思う。

一つ一つは決して難しいことではなかった。
だが、私は完全にお荷物な新人になってしまったのである。

私は、自分では仕事を覚えるのは早く、飲み込みはよく、処理も正確で早くできる。それが自分だと思っていたのだが、いくら一生懸命先輩の話を聞いても話が頭に入ってこない。教えてもらったことをすぐ忘れてしまう。集中力がまったくなくなっていた。

いつもいろいろなことに気を使いアンテナを張り巡らせていなければならない仕事だとよくわかっていた。だが、パソコンの入力業務を覚えることだけでいっぱいいっぱいで、その他のことをしようとすると頭がおかしくなりそうだった。100万単位のお金も扱った。お釣りを間違えて大変なことになったこともある。

頑張ろうとすればするほど、自分の無能さを感じる。毎日が苦痛でたまらなかった。頭痛に悩まされ、眠れない日が続いた。だんだん朝起きられなくなって、体はどんどん重くなっていった。

これってただ仕事をしたくないだけじゃないの?
そんな言葉が頭をよぎった。

その頃、月に一度の診察日がやってきた。
私は、仕事が変わったこと、全然ついていけないことなどを先生に訴えた。すると、先生は、「いきなりは無理ですよ。辛いなら辞めたほうがいいでしょう」と、いとも簡単に言うではないか。「え?でも、始めたばかりだし、周りに迷惑がかかるから・・・。」ともっともらしいことを言うと「始めたばかりだから早く辞めたほうがいいんですよ。辞めても誰も困らないでしょう?」「・・・。」私は何も言えなかった。

先生は静かに続けた。
「リハビリが必要なんです。いきなり前と同じように働こうとしてもそれはできません。少しずつ体が楽になっていくのと同じで、何かを始めるときも少しずつやっていかないとね。無理だと感じるなら早い時期に辞めたほうがいいでしょう」と。

私は甘えているのではないだろうか?と自問自答しながらも会社を辞めることにした。

それから半年ゆっくりさせてもらい、そろそろまた仕事をしてみようか、という気持ちになったとき、その辞めた会社でショールーム受付の仕事の募集をしているのを知った。私は思い切ってお世話になった先輩にその仕事がどんな内容のものなのか、一度辞めた私がトライするのはどうだろうか?などとずうずうしくも聞いてみた。

先輩はとても親切にしてくれた。
私の体を気遣い、体が大丈夫なら社会へ出たほうがいいかもしれないわね、と。

そして、一般の応募者と同じように書類を提出して、それが通ったら面接に進むという話になり、また初心に返って履歴書を丁寧に思いを込めて書いて送った。

私は一度辞めた人間である。
募集の条件を満たしているものの、他の人よりハンデがあると思った。

だが、会社は私を受け入れてくれた。
「一度辞めた人間がまた帰って来たいと思う会社はいい会社だ」と人事部長は喜んでくれたという。。

今、広いショールームで、一人で、簡単な掃除をし、たまにくるお客様に挨拶をする。あとは座っているだけだ。

私はすごく幸運だと思った。こんなに私にぴったりの仕事につけたこと。知っている人がたくさんいる中で、皆が温かく迎え入れてくれたこと。

ただひとつ、会社では出戻りと呼ばれ、家では行かず後家と呼ばれることを除けば・・・である。

人気ブログランキング昨日は109位だんだん上がってきてます。皆さんありがとう!




この記事へのコメント
あった!
はじめまして、わたしはりんりんです。中国人です。今は上海にいます。ここが大好きだよ!
どうぞよろしくお願いします。
Posted by りんりん at 2007年03月18日 13:50
りんりんさん
初めまして☆
コメントありがとう!
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
Posted by yukiko at 2007年03月18日 14:31
yukikoさん、こんにちは。ずいぶんと色々な事が起きていたんですね。さぞかし大変だった事でしょう。しかも体調がまだまだ完全ではない上に、夜は夜で寝かせてくれないヤツもいますしね。でも、バタバタしつつも良い方向へと向かっているように思えますので、焦らずにゆっくりと進んでいけばいいと思います。辞めた会社でまた働くのは我々のような小心者(怒った?)にはなかなか辛いものがあるでしょう。変に気をつかって頑張りすぎたりして。でも、なんかすでに上手くやってそうで、余計な心配だったかな?まあでも、実際のところ、出戻りなんか気にする事はないですよ。オイラなんかバツイチですよ。実家のある田舎では皆に気をつかわれました。悪いこと聞いちゃった、みたいな。オイラだけでしたよ、気にしてないのは。だからyukikoさんも気にせず我が道を行って下さい。
Posted by マロ at 2007年03月18日 14:59
マロちゃん
こんにちは。
そういえばいろんなことがあったんだなぁって今は淡々と思えます。
そうそう、体調が万全じゃないのに夜寝かせてくれない奴には手を焼いてます^^;でも、マロちゃんの言うとおり、良い方向へ向かっていると私も思います。

辞めた会社に面接に行くときのあの緊張感、すっごいドキドキ!!
私も図太いですよね、皆ちょっと圧倒されてるかも。「よく戻ってきたよ」みたいな。。でも、そう、気にしないの。私にとって、周りの目より、自分の働ける場所が見つかったことのほうが大切だから、ね☆
Posted by yukiko at 2007年03月18日 15:10
こんにちは、やや寒い日が続きますね。
通勤のバスから垂れ桜の木が見えるのですが今日つぼみがついているのがわかり春がそこまで来ている事を実感しました。
四季折々の景色は、人にいろいろな感情をどうして与えてくれるのでしょうか?
生物すべては、ただ生きるために一生懸命なだけなのに… 誰かのために生きている訳でもないのに…今日、yukikoさんブログを見て思出し改めて考えさせられました。
人間には、生きるのに大義名分など必要ないと思います。
毎日、一生懸命生きる事・人生を楽しむ事が本来のあるべき姿なのもかもしれませんね。
Posted by 純 at 2007年03月19日 21:45
純さん
ほんと寒い日が続いてますね。
乾燥してるし風邪には注意してくださいね。

私のブログからこんな素敵なコメントが生まれちゃうんですね。
ほんと、前から思っていましたが、ここは私の文章よりいただくコメントのほうが読みがいがあります。

純さんのおっしゃる通り、大義名分なんて必要ないんですよね。
それを求めるとしんどくなる。ただひたすら毎日を楽しんですごせばいいと、やっと私もわかるようになってきました。
Posted by yukiko at 2007年03月20日 10:09