2006年01月21日

方向転換

今日は何位?ランキング応援クリックお願いします☆

この問題が起きてから、私の頭の中は混乱し、自分が本当はどうしたいのかさえわからなくなってしまっていた。だが、なんとかして自分の考えをまとめ、動いてみたのだが、動けば動くほど自分の首を絞める結果になり、状況は悪くなる一方だった。

常に頭の中ではわかっていた“こんなことしてもしょうがない”と。
だが、しょうがないことばかりしてしまう自分を自分でコントロールできなくなっていたのだ。私は、そのことがすごく怖かった。今迄自分をコントロールできなかったことはない。常にどこか冷めていて、どんなに感情が高ぶったとしても、理性を保ってきたではないか。それなのに…。

体を傷つける前に、自分で自分の心を追い詰め、どうしようもなくなるまでにしてしまった。そして、その心の傷に耐え切れなくなり、短絡的に楽になろうとしたのだ。

私は命を粗末にする人を今まで理解できなかった。
集団で知らない人と一緒に命を落とす。自分で自分の体を傷つける。
そんなことをするのは弱い人間だと思ってきた。“なんでそんなことすんの?”と嘲笑すらしていたのだ。まさか自分がすることになるとは思いもせずに…。

母の運転する車に乗り、途中で大好きなカプチーノを買って、病院へ向かった。
その途中、母が運転しながら静かに話し始めた。

「あんたのこと見えてなかった…。でも、あんたも大事な娘なの。あんたは私の子供だから、私が産んだ子供だから、あんたが死ぬまで私が面倒を見るから。だから私より先に逝く事をもう絶対に考えないで」と震えた声で言った。そんなことを私は母に言わせてしまったのだ。私もみるみるうちに視界がぼやけ、前が見えなくなってしまった。詫びる言葉がみつからなかった。

母は遠くにいる姉を思い、巣立っていった弟を心配し、私の事はいて当たり前の存在になっていたと言った。でも、それは間違っていたと。あんたも私の大事な娘なんだと。私は何も言えず、ただ涙を流しながら頷くだけだった。

病院に着き名前を呼ばれると、診察室に母と一緒に入って行った。
ここ数日間の出来事を母が先生に話した。先生は、私より私の気持ちを理解してくれていて、母に一連の出来事がなぜ起きたか、今私がどういう状況にいるのか、今後どう私に接していけばいいのかを、ゆっくり丁寧に教えてくれた。

私の病気は、この1年で8割がた治癒しているという。
体力も戻ってきている。だが、この時期に強いショックやストレスを受けると、パニック発作を起こして、自分をコントロールできなくなり、激しく泣いたり口論したり、時には最悪な行動を取ってしまったりするというのだ。まさに私はタイミング悪く、この時期に問題にさらされてしまったようだった。

最悪な状態まで持っていかない為には、なるべく問題から離れ、ゆっくりできる環境を作り、激しさとは対極に近づくこと。そうするうちに問題そのものの記憶が薄れていき、問題が問題でなくなっていくと先生は言った。

私は真逆の行動を取っていたのだ。
問題に正面からぶつかり、その問題に食いつき、自分でどんどん深みにハマっていった。自分で自分を勝手に追い込んでいたのである。

先生の説明を聞き、私はふっと気持ちが楽になった。
自分をコントロールできなくて当たり前の状態だったのだと。。
そして、あともうちょっとで病気を克服できるのだと。

私は今回のことで、甘えではなくいい意味での“逃げ”があることを知った。
上手に逃げることも生きていく上でとても大切なことなのだ。
そして、ゆっくり方向転換していけばいい。


心配をかけてしまった家族、友人、コメントを下さった方々、本当にごめんなさい。
今回のことを胸にしっかり刻みつけ、二度と同じ過ちはしたくない。。
そして、いつか、同じような気持ちになってしまった人がいたら、私も心配できる立場になりたい。皆が私にしてくれたように。。

本当にありがとうございました。

********************************************************
日本ブログ大賞2006←エントリーしています。
ログインして推薦文(短文でも何でもOK)を書いていただけると一票入ります。
お一人一回で、2月14日までの投票総数で賞が決まります。
一票投じていただけると嬉しいです☆よろしくお願いします!
********************************************************



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/late_bloomer/50402613
この記事へのコメント
コメントや今日の文章を見て、安心しました。

大丈夫だよ。大丈夫。
そぉ言って、yukiko姫を抱きしめてあげたいです。
Posted by はなもぐ at 2006年01月21日 10:53
はなもぐさんへ
うん、もう大丈夫。
ありがとう、はなもぐさん☆
Posted by yukiko at 2006年01月21日 11:46
本当は勝ち負けなんてないんですよね…
自分が勝手にそう思い込んでいるだけ。
逃げるも逃げないもそうですよ。道に大きな石があったら避けて通る。そんな当たり前のことなのに、人は誰かや何かの価値観に振り回され逃げだと勘違いする。
心が癒えたら、yukikoさんの魂が喜ぶことをしてあげて下さいませ。
Posted by ノンシュガー at 2006年01月21日 11:49
ノンシュガーさんへ
そう、大きな石があったら避けて通る。当たり前のことなんですよね。。
それを私はその大きな石を持ち上げたり砕いてみたり、そんなことしてばかり。。もうちょっとしたら、魂が喜ぶことも見えてきそうです。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 11:56
雪国ショコラさんへ
一票ありがとうございました!!
私ね「素晴らしいコメントたくさんありましたで賞」があったら
間違いなく私のブログが受賞すると思います☆
Posted by yukiko at 2006年01月21日 11:59
tamicoさんへ
一票ありがとうございました!!
>昔からの友達と話しているような気になってくる、
すごく嬉しかったです。ありがとうございました☆
Posted by yukiko at 2006年01月21日 12:01
うぃーっす!
なんだか文面からして回復したっぽいんでホッとひと安心☆☆☆

今回、あたしってお気楽だぁとつくづく思った
でもお気楽っていいよぉ♪文字通り“気が楽”だから(笑)

さあ、笑って歩こう!
Posted by ハム太郎 at 2006年01月21日 13:11
その後おかげんはいかがですか?
ブログを読んで心配になりました。

大丈夫、大丈夫。
心の振幅は誰にだってあると思います。

今もこれから先も自分のあるがままを受け入れて、
ゆっくり、ゆっくり好きな方向へ歩んでいけば
良いのではないかと思います。
まずは、ゆっくり休んでください〜。




Posted by happy_horse at 2006年01月21日 15:38
そーそー。ゆっくりね。
真面目な人間にはあまり実感できないけど、ホカの人々って、結構うまく逃げて立ち回ってるみたいよ。
Posted by 由巳ゆみ at 2006年01月21日 17:52
命を粗末に考えている訳じゃないんですよね。ふとコントロールがきかなくなっただけ。

良い先生とお母様の愛情に安心しました。よかった。

私も初めてこの波に襲われた時には、思わず遠くに住んでいる母に「今から来て!」と電話してしまいました。
「しっかりしなさい!あんたがそんなんでどうするの!」と怒られちゃいましたけど・・(笑)
でもやっぱり親は心配してくれていると思います。

大事な人と笑いあって、心を休ませてくださいね。
今はちょっと休憩☆
Posted by かつみ at 2006年01月21日 18:40
ハムちゃんへ
うぃーっす!
ハムちゃんの明るさにはいつも助けてもらってます。
お気楽最高!同じ歩くなら、笑って歩かなくちゃね☆
Posted by yukiko at 2006年01月21日 19:06
happy_horse さんへ
ありがとうございます。もう大丈夫です!
やっとあるがままの自分を受け入れられたように思います。
>大丈夫、大丈夫
この言葉とってもいい言葉ですね。。
こんなに気分が楽になるんだってつくづく思いました。
本当にありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 19:09
ゆみちゃんへ
うん、そうみたい。
なんでソレできないかなぁって今回つくづく思いました。
でもね、私、自分を傷つけてよかったと思う。(もうしないけど)
心も体も、人を傷つけるより自分が傷ついた方がいい。。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 19:13
かつみさんへ
そうなんです、決して粗末に考えてたわけじゃない。。
コントロールできなかったんです。

先生と母には本当に感謝しています。
私が元気になることが一番の恩返しだと思ってます。

そばにいてくれる大切な人達とゆっくり過ごしていきたいと思います。
かつみさん、ありがとう。。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 19:16
書きたい事多数ですが、時期が時期なのでとりあえずお大事に。
ただ、「もう大丈夫」の後に一揺れきたりすので注意してくださいね。
Posted by 例の通りすがり at 2006年01月21日 21:20
「きたりす」ってなんだよ!テトリスのまがい物かよ!>自分(汗)
一揺れきたりす「る」が抜けてました、失礼しました〜!!
Posted by 脱字な通りすがり(汗) at 2006年01月21日 21:23
問題を直視しないということは、逃げることではありません。
しばらく時間を置いてから、振り返ってみるのもいいと思います。
今は休息の時です。
歩むべき方向が見えてきて良かったですね。
僕も安心しました。
Posted by かず at 2006年01月21日 21:53
例の通りすがりさんへ
今回この波は初めてだったから、今はもう大丈夫だと思ってるけど、他の波同様またゆれる時がくるかもしれない。。
その時は、“これも波、すぐになくなる”と思うようにします。
大丈夫!と思い込んでいて波がくるとまたガックリきちゃうので、ある程度の覚悟をしておけば予防策になりますもんね。。
通りすがりさん、大切なことを思い出させてくれてありがとう☆
Posted by yukiko at 2006年01月21日 22:07
脱字な通りすがり(汗)さんへ
私の中の通りすがりさんのイメージは、とってもCoolなイメージでした(いい意味ですよ)(汗)のある通りすがりさんも、大歓迎です^^
Posted by yukiko at 2006年01月21日 22:12
かずさんへ
そうですね。。しばらく時間をおいてもう問題でなくなった時、振り返ればいい。いえ、その頃はもう問題を忘れているはず☆

はい、方向が見えてきてとても楽になりました。
かずさん、本当にいろいろありがとう☆
Posted by yukiko at 2006年01月21日 22:13
 今日の記事を読んで安心しました。良い先生にかかられているようですね。闇を彷徨い苦しみもがいた人は苦しみもがいた分だけ大きくジャンプできると聞いたことがあります。今はご飯をしっかり食べて、たくさん睡眠をとって下さいね。あと日光浴を朝30分位お部屋の居心地がいい所ですると体内リズムが出来ていいと聞きました。ゆっくり、のんびりして下さいね。
Posted by ぶーげんびりあ at 2006年01月21日 22:30
ぶーげんびりあさんへ
本当に良い先生なんです。
今回の事をいつか良い方向で活かせたらと思っています。

日光浴って室内でもいいんですね^^
ランと一緒に浴びてみようと思います。

私は幸いよく眠れるので、また一晩ぐっすり眠って、そして朝からもりもりご飯を食べようと思います。
ぶーげんびりあさん、ありがとう☆
Posted by yukiko at 2006年01月21日 23:37
よかった。今日の記事でかなり安心しました。
私ね、一度、過労とストレスで会社で倒れて、意識不明でICUに運ばれたことがあるんです。その時に、母に「他のどんな親不孝をしても良いけど、親よりも先に死ぬ親不孝だけは絶対にしないで」って言われた事があるんです。
その時から「やらなきゃいけない」と考えるのをやめて「できたらやろう」と思うようにしました。そうしたら、自然と自分本来のペースがつかめてきました。
生きていたら、色々と悩みや自分の力で何とかできない事もあるけれど、全てを完璧に片付ける必要なんてないんですよ。誰にだって出来ること出来ないことがあるし、全てが完璧にできなくたっていいんです。
自分のペースに合わせて焦らずにね。
これからも素敵なブログを続けてください。応援してるから!
Posted by 裕子 at 2006年01月21日 23:46
今日の記事でほっと一安心。
焦らずに一日一日過ごしていってくださいね。力強いお母さんもついてますしね。確実に時間は過ぎていきます。

私が思うに、自ら命を絶つ人って、大部分は鬱等の病気からだろうって。そういう気持ちにさせられてしまうんですよね。だから、例えば「借金や失恋」が理由って時は、「借金や失恋から引き起こされた病気の衝動性」が正しいのではと思ってます。
なんで、大部分は治療・投薬で直るのであるから、少しタイミングがずれていたら、病院に行っていたら助かったであろうに・・・と思うのです。

yukikoさんはどなたかも書かれていましたが、今夜明け前なのです。
ゆったりとしてがんばりすぎずに過ごしてください。
すごーーーく微力ですが、私もyukikoさんと共にいます。
Posted by しょうしょう at 2006年01月21日 23:59
本当に無事で何よりですよ
持ち直してくれたようで本当に良かったです
blogが更新されるの楽しみにしてるんですから
これからももっといろいろな話聞かせてくださいね(^o^)

知ってるかもしれませんが
芥川龍之介は、「人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である」と言いました。

俺もそう思います
いつも頑張る必要は無いと思います
頑張らなければいけない時に頑張ればそれでいいんですよ
Posted by サブ at 2006年01月22日 03:57
yukikoさん、お元気な様子で安心しました。
いつかまた波は来るかもしれませんが、もう大丈夫ですね!
みなさんのコメントも素晴らしく、感動でした。
Posted by 南保 at 2006年01月22日 04:35
あおいさん=ココさんへ
大変申し訳ないのですが、コメントを削除させていただきました。
違った側面からの意見も貴重だと充分承知しています。
でも、本当に鬱病の事をあなたはご存知ですか?
私の家族のことをあなたはご存知ですか?
そして、私だけでなく、ここにコメントを寄せてくださる方に対しての侮辱だけは許せません。

意見というより嫌がらせだと判断させていただきました。
今後違うお名前でコメントをいただいても、IPアドレスで同一人物だと
わかった際は、都度、削除させていただきます。

ご理解くださいますようお願い致します。
Posted by yukiko at 2006年01月22日 10:16
裕子さんへ
私もいつも「〜しなければいけない」という考え方が多く、そこから抜け出せずにいます。何もしてないのに焦ってばかりいて。。
「できたらやろう」私もそう考えていきたいと思いました。
裕子さん、ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月22日 13:27
しょうしょうさんへ
まずは健康を取り戻すことからですよね。
先生のいいつけを守り、穏やかなゆったりとした気持ちで過ごす。
もうすぐ明ける夜明けをゆっくり待ちたいと思います。
しょうしょうさん、ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月22日 13:31
サブさんへ
私、多分頑張りどころを間違えているのだと思います。
>芥川龍之介は、「人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である」と言いました。
この言葉知りませんでした。
今の私にぴったり。重大にしなくてもいいところを重大に自分でしていたように思います。視点をゆっくり変えていきます。
サブさん、素敵な言葉をありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月22日 13:34
南保さんへ
はい、いつか波が来ても大丈夫です。

本当に皆さんのコメントには何度涙を流したかわかりません。
同じ病気を持つ人、健康な人、いろいろな方が支えてくれました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
南保さん、ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月22日 13:37
本当によかった。ただ、それだけですがよかった・よかった・よかった・よかった・よかった・よかった…………………
Posted by 純 at 2006年01月22日 17:02
純さんへ
そんな風に思ってもらえるなんて・・・。
純さんが辛くなった時、私は何をしてあげられるんだろう。。
きっと、お世話になるばっかりですね。。
純さん、ありがとう☆
Posted by yukiko at 2006年01月22日 17:08
yukikoさん、こんにちは。

私がyukikoさんに対して過去に付けたコメントの中には、yukikoさんを間違った方向へ激しく煽動してしまったものがあったかも知れません。

他人に「あなたならどう思うか」と問われたら、あくまでも「私」だから出来る方法で、「私」だからこうする、という対処法を答えるのは当然の事です。しかし、それを半ば押し付けがましく、そして尤もらしく人に説くのは大きな間違いですよね。

私はyukikoさんの事を、どれだけ理解出来ているというのでしょう。たかだか数ヶ月前にブログで知り、実際にお会いした事もないくせに、いかにも貴方の気持ちは良く分かるような態度で意見をした事は非常に軽率でした。この場を借りて、深くお詫び致します。

これからは、もっともっと客観的に全てを見られるように努力致します。それに気付かせて下さって、ありがとうございました。日本は寒そうですね。お体、ご自愛下さいね。
Posted by Sari at 2006年01月23日 06:11
Sariさんへ
こんにちは。
Sariさん、ここでは「あなたならどう思う?」という意見をたくさん頂戴したいと思ってきました。これまでさまざまな意見を頂き、「なるほど!」とか「そうか!」とか自分では考え付かない意見もたくさんあり、どの意見も貴重に思っています。
Sariさんからいただくコメントはどれも深く優しさに満ち溢れていました。
どうか、これまでも今迄同様にコメントをください。
決して押し付けがましいと思ったことはありません。

そ・れ・に、もしそう思ったら私はスルーしちゃいますから★

Sariさん、これからもどうぞよろしくお願いします。
Posted by yukiko at 2006年01月23日 11:02
yukikoさん、

そのように仰って下さって、ありがとうございます。

人に許容される事って、気持ちが落ち着くものですね。
私自身も許容範囲の広い人間でありたいと思います。

こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。

千葉の雪は相当凄いようで、成田空港も大変な事になって
いたようですね。私の会社は旅行関係なので、フライトが
乱れると大変です!

では、また。
Posted by Sari at 2006年01月23日 11:19
Sariさんへ
私は許容範囲狭いんですよ。へへ。
だけど、ここに寄せられるコメントは本当に素直に受け入れることができる。多分、私を受け入れてもらってるからではないかと思います。

千葉にしては珍しくたくさん降りました。
Sariさんのお仕事が忙しくなりませんように☆
Posted by yukiko at 2006年01月23日 11:54