2006年01月19日

楽になりたい…


今日は何位?ランキング応援クリックお願いします☆


一つ問題が起きた。
これまでもいくつか同じような問題はあり、その都度なんとか対処してきたのだが
、今回はなかなかそうもいかず、ここのところ、ずっとその問題が頭から離れず、苦しい毎日を送っていた。

とにかく前へ進まなければ。
そう思い、これまでと同じように、いや、これまで以上に前向きになろうと必死だった。

私は一つの事を考え始めると、頭の中がそればかりになってしまう。
ぼーっとしている時間があると、そのことばかり考えてしまうので、今、一番無心になれるゴルフの練習場へ一人で行ってみた。今まではいつも誰かと一緒に行っていたのだが、生まれて初めて一人でゴルフの練習場へ行ったのだ。私は、自分がちゃんと前に向かっているのをその時確信できた。

練習場にはいつものおじさんがいて、私に気を遣いながらちょくちょく私の打席に来てはアドバイスをしてくれた。そして、私が熱心に練習している姿を見て、「よぉし、この課題をクリアしたら、ドライバーがウッドを一本プレゼントしてやる!」と言ってくれたのだ。私は飛び上がって「やった〜!!頑張る!」と言っておじさんと別れた。

家に帰ると真っ暗で誰もいなかった。
ランだけが寂しそうに私を待っていたので、早速部屋を暖め、私の部屋に連れて行った。

練習場で2時間ばっちり打ち込んだものの、食欲がまったくなかった。
部屋で何を食べようかとランに話しかけながら考えていたら、急に疲れがどっと押し寄せてきて、もう何もかもが嫌になってしまった。
どんなに頑張っても、私の頭の中からその問題は消えてはくれないのだ。
何度も楽になりたい、そう思った。

そして、その日、私は初めて自分の体を自分で傷つけた。
覚悟などなにもいらなかった。とにかく早く眠るように楽になりたかった、ただそれだけだった。

その直後、いつもならもっと遅く帰ってくる母が、偶然帰ってきた。
母は私を見て、震えながら怒った。そして、何度も私を叩いた。母もどうしていいかわからなかったのだろう。わめきながら私をなじった。私は、普段母と仲が良く、よく話す方である。からかってクソババアということはあっても、彼女の人格を否定するようなことは絶対言わなかった。だが、今回は、私にまったく余裕がなく、母を気遣うことなどできず、母に対して私はひどい暴言を吐いてしまった。

母もしばらく平常心を失っていたが、その後我に返り、急いで救急車を呼んだ。
救急隊員は、皆親切だった。泣きじゃくる錯乱状態の私を、温かい手で握ってくれ、
一つ一つ丁寧に接してくれた。

私は、そうなってしまったことが、病気のせいであるのか、それとも自分が弱くなってしまって、今迄乗り越えられたものが、乗り越えられなくなってしまったのか、自分でもわからない。

もし、病気のせいだったら…、この病気が死に至る恐ろしい病気であることを再認識した。

私は、普段、ひどく辛いことが起こった時、逆に人に相談しなくなる。解決できるのは、自分しかないということを知っているからだ。
だが、今回は直前までSOSを友人に発し続けた。たくさん迷惑をかけた。

翌日は、ひたすら眠った。
以前のように、またベッドからおきあがれなくなってしまっていた。

買い物にでかけていた母から電話がかかってきた。
「何か食べたいものある?」と、あんなにひどい言葉を発した私に対して…。
私は「何でもいい」そう答えるのが精一杯だった。

母は、急いで帰ってきた。
母の手には、私の一番好きな生クリームがのったパイがあった。
何も言わなかったが、母は精一杯の気遣いを私にしてくれているのがよくわかった。
母に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

ある友人に教わったことがある。「無償の愛を注いでくれるのは親だけだよ。それ以外の人には、自分からどんどん愛情を注いでいかないとだめなんだよ」と。

こういう状況になった時、肉親以外の人間は、私との付き合いをこれからも続けてくれるだろうか。やはり特別な目で見られてしまうのだろうか。。

あの時母が偶然帰ってこなかったら…、私だけは楽になれたかもしれない。
だが、これはもっとも自分勝手な考え方で、人として絶対してはいけない行為である。と、頭の中ではよくわかっているのだが。。

明日はいつもの先生に会える。
先生に報告するのもとても辛い。
一年間必死に私と向き合ってくれた先生までも裏切ろうとしたのだから。


********************************************************
日本ブログ大賞2006←エントリーしています。
ログインして推薦文(短文でも何でもOK)を書いていただけると一票入ります。
お一人一回で、2月14日までの投票総数で賞が決まります。
一票投じていただけると嬉しいです☆よろしくお願いします!
********************************************************



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/late_bloomer/50398820
この記事へのコメント
Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?ho
Posted by e-アフィリ at 2006年01月19日 20:43
ええ!ちょっとちょっと大丈夫?
バカなこと考えないでよ〜。
俺、マジで心配だよ。
先生にちゃんと相談してね。

生きてれば、いろんな人と出会えて、いろんな恋ができるんだよ。
苦しいことだってあるかもしれんけど、楽しいことのほうが多いはず。

俺の病気だって、脳梗塞か心筋梗塞で死ぬかもしれないんだよ。
この前、いっぱい悩んで、自分なりに生きようって答え出したんだ。
苦しいのはyukikoさんだけじゃないんだよ。

ユッキーのSOSを受け取っておきながら、何もできなかった自分が悔しいよ。
くそ〜〜〜〜〜〜!
結局、何の役にも立てなかった…。
俺は最低ヤロ〜だ。(涙)。
Posted by かず at 2006年01月19日 21:47
俺だって、自分なりにユッキーに愛情注いできたつもりなんだけど、届いて無かったのかなあ?

>私との付き合いをこれからも続けてくれるだろうか。やはり特別な目で見られてしまうのだろうか。。

俺は今までどおり、ユッキーと付き合うし、特別な目で見ないよ。
いつもどおりに接するよ。
ユッキーもいつもどおりにしてくれよ。
俺は、そんな素敵なユッキーが好きなんだからさ。
Posted by かず at 2006年01月19日 22:11
yukikoさん、、なんにもしてあげられないので、クリックしておきます。
今日のクリックするところないですよーぅ。。
みーんなちゃんと毎日読んでクリックしてますから、、って、やっぱりなんのフォローにもなってないですけど、、
無理しないで、ゆっく〜りね!!!
Posted by mari at 2006年01月19日 22:36
かずさんへ
そうですね、私なんかより苦しんでいる人はもっともっと世界中にたくさんいる。かずさんはいつもコメントくれて、クリックをお友達にまで頼んでくれて。。かずさんにはいつも助けてもらってます。
最高です。
Posted by yukiko at 2006年01月19日 22:55
確かに最終的に解決できるのは自分だけだけど・・・。
 
悲しいことは人に話せば半分になる。
嬉しいことは人に話せば2倍になる。
 
ここにはyukikoさんの仲間がいっぱいいるから、
悲しいことは1/100になり、嬉しいことは100倍になるぜ。
Posted by UT at 2006年01月19日 22:56
mariさんへ
ほんとだ…いつも忘れたことなかったのに、クリックするとこ付け忘れるなんて…。早速つけました。
mariさん、ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月19日 22:56
こんにちは。
覚えていてくれているでしょうか?
不安神経症で2年間の引きこもり生活を経験して治療も9年目に入った花花です。
楽になりたい。
私も引きこもりの生活の時には生きている価値などないと何度も楽になりたいと考えました。
でも、なかなかこの病気を怠け病としか思えずに理解できなかった両親が一番心配してくれていました。
私自身死ぬ勇気もなかったのも確かです。
でも人は生きているのじゃなくて生かされているのだと知りました。
死にたくなくても若くして病気で亡くなる人もいる世の中で自らが命を経つことは出来ませんでした。






Posted by 花花 at 2006年01月19日 23:07
別に責めるつもりでコメントをしにきたわけではありません。
誤解しないでくださいね。
焦る気持もわからないではないです。
先日私も会社でパニック状態に陥り、このまま頭がおかしくなるのじゃないかという不安に駆られました。
ユキコさんの病気も私の病気も症状はほぼ同じです。




Posted by 花花 at 2006年01月19日 23:09
今は神様がユキコさんに長い人生なのだからここで一休みしなさいという休暇をくれたのだとは考えられませんか?
こうしてユキコさんがブログに書いた事自体が自分自身でも分かっているからだと思います。
同じような病気だからといって心の中まで入り込んでしまう権利など私には全くありませんが、どうか頑張らないで。
充分頑張っている自分を褒めてください。
どうか自分の存在価値を否定しないで。
疲れたらゆっくりと休めばいいだけですよ。
勝手な事をコメントしてしまって迷惑だったらゴメンナサイ。
でもここで知り合えたのも何かの縁だと思いませんか?
私はここで沢山の人と出会えたことを幸せに思っています。

文章が長くて途切れ途切れになってしまいました。
ゴメンナサイ。

Posted by 花花 at 2006年01月19日 23:10
かずさんの所から来ました!

お怪我は大丈夫ですか?

早く良くなりますように…

Posted by えり at 2006年01月19日 23:19
花花さんへ
私はいつも自分の存在価値を見出すことに力を注いできました。
それがプツンと切れてしまって、どうしていいかわからなくなってしまった。。

そうだ、そんな時はゆっくり休めばいいんですよね。
前に進まない時間があったっていいんですよね。。

花花さん、コメント嬉しかったです。
ありがとうございました。
Posted by yukiko at 2006年01月19日 23:19
お加減はいかがですか?
どうかどうか、ご自愛下さい…
Posted by ノンシュガー at 2006年01月19日 23:20
UTさんへ
私のブログ仲間…みんなよくしてくれる。。
トップ10に入ったとき、私だけじゃなくて皆も喜んでくれた。
私、その時すごく嬉しかった。
悲しいときもみんなよくしてくれたのに。。
UTさん、ありがとう。

Posted by yukiko at 2006年01月19日 23:20
ふうぅぅ。
いつものyukikoさんのコメントで安心したよ〜。
ダジャレが浮かばなくて、最近書いてないけど、クリックは、毎日やってますからね〜。
そ、そうかこんな時こそ…。
栗栗栗栗栗栗栗栗栗。
分かる?v(≧∇≦)v
とにかく、毎日ユッキーの幸せを祈っています。
Posted by かず at 2006年01月19日 23:20
初めまして☆

かずさんの所からら来ました!!

読んでいて涙が出そうになりました…。悲しいです…

ユキコさんのことを愛していたり、好きでいたり、感謝している人は必ずいます。事実このブログに書き込んでる方々もその一人だと思います。


お母さんやブログ仲間のためにもどうか…
Posted by ぼん at 2006年01月19日 23:21
えりさんへ
怪我の方は大丈夫です。
ありがとうございます。
Posted by yukiko at 2006年01月19日 23:24
ノンシュガーさんへ
たくさん眠れたのがよかったのだと思います。
だいぶ落ち着きました。
ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月19日 23:26
かずさん
久しぶりのダジャレ、嬉しかったです。
そしてかずさんのブログから応援団も来てくれました。
皆あったかい。。
本当にありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月19日 23:28
ぼんさんへ
初めまして。コメントありがとうございます。

私は一人で生きてるわけじゃないんですよね。。
たくさんの人に支えてもらって生きてる。
そのことをもう一度思い出させてくれてありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月19日 23:31
そうですよ〜!yukikoさんは一人じゃないんです。

今夜はぐっすり寝てくださいね。
俺もそろそろ寝ます。
ξ・◇・ξ/~~~オヤスミー
Posted by かず at 2006年01月19日 23:47
姉さん、
最近私、マメじゃね?
だから、この間あんなに雨が降ったのか?

逃げてみんのもいいよぉ〜。
私みたいに逃げてばっかは問題だけど(^^;)

眠れるって幸せだよね〜〜( ̄▽ ̄〜)
Posted by あつこ at 2006年01月19日 23:50
私も今日久々の津波が来たのでyukikoさんとシンクロ?と思いましたよ〜。
多少の違いはあるかもしれませんがyukikoさんと同じ症状持ちの私は、「逆に人に相談しなくなる」がよくわかります。家族の前でもいつものように振舞ってしまいます。不思議ですよね、これ。
普段は障害児もいるし内科の病気もあるから、一日でも長生きしたくってしょうがないのに^^;この時ばかりは未練が一切無くなっちゃう。
誰か早く帰ってきて・・とそればかりを考えていました。
ボーっと夕飯を作り(危ないかも)夫にはあまり心配はかけれないので軽めに「やばかったわ〜」と話し、明日には落ち着いてくれますようにと願いながら寝ます。

また楽しい事や面白い事があった時に後悔するのは目に見えていますしね。
回復するまで焦らずにいましょ。
yukikoさんも私も。
Posted by かつみ at 2006年01月20日 00:33
ぼくも、気休めの言葉くらいしかかけてあげられませんが、
夜の闇は夜明け前が一番深いともいいます。
この先にこそ、夜明けが待っているものと信じたいです。
病気は一進一退のように見えても、三歩進んで二歩下がる(プラマイ一歩前進)と
思いたいものです。

自分の存在価値なんて、頑張って見出だそうとしなくても
大丈夫です。
いま、yukikoさんがこうして生きていること自体に
かけがえのない価値があります。だからこそ、こうやって
blog読者の皆さんとふれあい励ましあえるんですから。

あなたは、あなたをとりまくあらゆるものによって生かされているんです。
両親・家族、友人、飼い犬、近所の神社、そして自然そのものによって…。
Posted by ZARA at 2006年01月20日 00:47
はじめましていつもブログ拝見しております。yukikoさんのブログを読み出したきっかけは、30代後半・病気・無職という共通点。
不幸自慢じゃないですが、バツイチ・彼氏ナシ・学歴ナシでもあります。
 ブログを読んでいると一方的ですがyukikoさんの気持ちよくわかります。
今回のブログはビックリしましたが、私も去年の夏、手首から肘の内側までカッターで何十カ所と傷つけました。
 無職になって約2年、今まで慎重すぎるほど物事を進めていたのに、父親の放置していた借金(1千万以上)を抱えるハメになり、何も考えられなくなりました。薬なしでは眠れないし暮らせない状態です。
まだ私は自分が背負った問題に何も手をつけてません。一生かかるかもしれない、時には死んでしまいと思いながら、でも今は心の安定を取り戻す為、日々過ごしてます。
 
Posted by じゃり at 2006年01月20日 01:01
続きです…

何と言っていいかわからないけど、今のyukikoさんに伝えたいのは「支」「励」ではなく「共」です。「共」の思いを持つ人間がいること、心の片隅において下さい。苦しみから逃げられない、自分を傷つけようと思う前に
多くの人に支えられている、ブログに助けを求めてもいいじゃないですか。
一緒に生きていきましょう。

※長々と書き込んでごめんなさい。ゆっくり休んで心を休めて下さいね。
Posted by じゃり at 2006年01月20日 01:02
上手くは言えないけど人生プラスマイナスゼロだと思うんです。今、ツライ日々でマイナスの時だと思うんですが、今を乗りきれれば絶対楽しいプラスの日々が絶対きますから!だから頑張れ(o^_^o)みんな応援してますからm(__)m
Posted by ウメ at 2006年01月20日 02:35
yukikoさん、

昨日1日更新が無かったので、どうしたのかと思っていました。

私、過去世透視をして頂いた事があるんです。今私が住んでいる国に、日本では精神科医をされていた日本人女性がいらして、こちらでは過去世療法を取り入れた治療を主にされている方です。過去世療法をご存知ですか?

人間て、そんなに単純な生き物じゃないと思うのです。今現在生きている、この世の中から受けた苦しみだけを体験している訳じゃないと、私は信じています。
何度も生まれ変わっている魂が、過去において消化し切れなかった苦しみを、現在も抱えている可能性もあります。

yukikoさん、今その苦しみから脱する為には、自分の過去世を探る事もオプションの一つかも知れません。

Posted by Sari at 2006年01月20日 05:27
アメリカの精神科医であるブライアン・ワイス氏が書き、日本人の山川紘矢・亜希子夫妻が翻訳している、「前世療法」「前世療法・2」の2冊を、もし宜しければ読んでみて下さい。

このような分野を眉唾だと感じる人もいるでしょう。過去世や前世なんてインチキだと思う人も多いと思います。

しかし、精神医学の分野で働き、前世・過去世療法を施す事が出来る先生が、日本にも必ずいらっしゃるはずです。その辺の、単なる占い師のような人には惑わされずに、きちんとした病院やクリニックをチェックしてみて下さい。現在yukikoさんが診て頂いている先生も、もしかしたらご存知かも知れませんよ。

決して今の先生を否定している訳ではありません。その先生のお蔭でyukikoさんは快復しつつあるのですから。しかしあくまでも、更なる快復へのオプションとして私は提示したいと思います。
Posted by Sari at 2006年01月20日 05:37
yukikoさん、おはよ♪
17日のレスを読んだときいつもと違うような、なんか変だなと感じてたんだけど、yukikoさんの中で大変なことが起きてたんだね。ごめんね。
あたしが4人兄弟だって前に話したことあったと思うけど、(あたし、弟、弟、妹)実はあたしと上の弟の間に双子の女の子がいたの。未熟児で生まれてひとりは1週間経たないうちに亡くなり、もうひとりは4ヶ月のとき肺炎で亡くなったらしい。らしい、というのは母親が悲しそうな顔をするので子供心に詳しく聞けず、今に至ってるから。
Posted by ハム太郎 at 2006年01月20日 09:23
あたしが中学生のとき母が泣きながら電話してるのを聞いたの。「○○君たちを見てるとあの子達も生きてたら中学校に入学してるんだなぁって思う」と。その頃あたしはクラスの子から無視されて仲間はずれにあい、死んでしまいたいと思ってたんだけど、母の気持ちを知って、あたしまで先に死んだらダメだと思い直しました。それから一度も自分を傷つけようとか死んじゃおうとか思ったことありません。
あたしは子供を産んだことないし育てたことないから親の真の気持ちはわからないけど、やっぱり【深い】と思うよ。親の愛はマリアナ海溝よりも深い!どんなに喧嘩しても修復できるのは(出来ない場合もあるけど)親だけだと思うな。最近yukikoさんがランちゃんに注いでるのと同じくらい、いや、それを超えるぐらいの愛情を、yukikoさんが産声をあげたときから親御さんは注いでると思う。
Posted by ハム太郎 at 2006年01月20日 09:24
どうか、自分を傷つけたりしないで欲しい。今のあなたには心配してくれる人がこんなにいるじゃない!あたしまだまだyukikoさんのブログ読みたいしいろいろ話したい。yukikoさんのブログに集まってくるコメントで学ぶこともいっぱいあるの。yukikoさんからの「彼氏できちゃったぁ」報告もらってお礼参りもしなきゃいけないからさッ 頼むよぉ〜(笑)

今日はゴンの手術で8時に連れて行ったの。もう終わってるかなぁ。。。
長くなってごめんねぇ
Posted by ハム太郎 at 2006年01月20日 09:24
私は、女だから皆さん勘違いしないで下さいね。

yukikoさん、大好きだよ。
Posted by NEMO at 2006年01月20日 09:38
うん、これってホント、人騒がせな病気なのよ。
私も、ODして、家族や恋人に迷惑かけたさ。もちろん、病前のスポーツマンな性格からは考えられないことです。
最近は、迷惑かけるのにも慣れちゃったよ。そのくらい、のんびりかまえてて、よーやく症状がおさまってきたってところかな。

しんどいことが起きると、そればっかり考えてしまうのも、病気のせいがあると思うよ。月並みだけど、他のものを見るようにして、事態を直視しないことも一つの手かと^^。
Posted by 由巳ゆみ at 2006年01月20日 09:41
一人の時間と夜の闇は魔が差す時間帯ですよね。
怪我もそうだけど、yukikoさんの心の傷のほうが治りは遅いし。
無理に自分に発破をかけることはしないで、安静にしてください。

無償の愛をくれるのは親だけ。ほんとその通りですよね。
母様からみたら、俺ら息子や娘はいつまでたっても子供なんですし。
今は母様に甘えて、いつの日か恩返しをしましょうよ♪
Posted by blue at 2006年01月20日 11:25
yukiko姫、私も ここ数日、いうことのきかない体・・・頭に出てくることは、マイナスなことばかり。。。

だけど、私もそういう時 前向きになろうと必死になるけどなれなくて、yukiko姫と同じで人に 自分の気持ちを話さなくなる。

私は、いつも 自分がなんでいるんだろうって理由を探してしまう。。。

yukiko姫、あなたは愛されているし 必要とされている。
だから、今は ゆっくり生きようよ。

何かすることが進むことではなくて、ゆっくりしていることが 前に進んでいることになる時間もあるって、私も最近 思っているよ。
Posted by はなもぐ at 2006年01月20日 11:58
あ〜〜〜それと。。。。。

私は、娘を亡くしているからね お母様の気持ちもわかる。

親は、子供を愛しているんだよ。
どんな状況でも生きていてほしいだよ。
Posted by はなもぐ at 2006年01月20日 12:04
yukiko-san 大丈夫ですか。負けないで、どうか自分に負けないで下さい。プレッシャーになる言い方かもしれないけど、今はこういう事しか言えない。何も焦る必用はないよ ゆっくり行こうよゆっくり。
Posted by マツケイサンバ   at 2006年01月20日 12:41
落ち着かれたようで、よかった…

私は過去2回、どうしようもなくて引きこもりになった経験があります。二十歳の時に8ヶ月間と25.26歳の2年間。
私の好きな言葉をお節介かもしれませんが贈ります。


「立ち止まることも、動きの一つだ」


Posted by ノンシュガー at 2006年01月20日 14:02
かずさんへ
本当にありがとう。。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 15:32
あつこちゃんへ
マメにあつこちゃんが来てくれると嬉しい。。
私、逃げることにしたよ。
眠れるだけ眠って。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 15:35
かつみさんへ
私、今回の波を経験してなかったから、すごく動揺しちゃった。
どうしても自分で自分の感情をコントロールできない。
そんな自分を客観視してる自分もいて。。
点で考えずに線で考えなくては、と思いました。焦らず。。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 15:39
ZARAさんへ
ここまで来たら、もうすぐ夜があけるんですよね。。
もうちょっとですよね。
>自分の存在価値なんて、頑張って見出だそうとしなくても
大丈夫です。
そんな風に考えたことなかった。
存在価値は、頑張らないとみつからないと思ってたから。。
ZARAさん、ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 15:43
じゃりさんへ
>共の思いを持つ人間がいること、
>多くの人に支えられている、
そのことを今回こうして皆さんからのコメントで、やっと気付きました。

>一緒に生きていきましょう。
一緒にって素敵な言葉ですね。
ありがとう、じゃりさん。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 15:49
ウメさんへ
今迄だってそうだった。
悪い時ばっかりじゃなかったのに、そんなことさえ考えられなくなっちゃって。。いつかきっと、プラスが来る、ですよね。。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 15:51
Sariさんへ
“過去世療法”はじめてききました。
まずは、本を読んでみようと思います。
そして、今の先生に相談してみようと思います。
Sariさん、ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 15:54
ハムちゃんへ
ゴンちゃんは大丈夫ですか?
辛そうじゃないですか?
ゴンちゃんには絶対元気になってもらいたい。。

>「彼氏できちゃったぁ」報告もらってお礼参りもしなきゃいけないからさ
そうだった。。ハムちゃん、私の分もおまいりしてくれたんだった。
ちゃんと幸せになって、ハムちゃんに報告してお礼参りしてもらうんだった。ごめんね、ハムちゃん。。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 15:59
NEMOさんへ
一言メッセージとっても効きました。
ありがとう、NEMOさん。。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 16:01
ゆみちゃんへ
ほんとに人騒がせな病気。。
自分がどうにかなっちゃいそうだった。
自分をコントロールできないなんて、すごく怖かった。

今はもう直視しないことにしました。
他へ目を向けることがどんなに大事かよくわかったから。。
ゆみちゃん、ありがとう
Posted by yukiko at 2006年01月20日 16:04
blueさんへ
うん、もう発破をかけない。。
安静にして、思い切り母に甘えます。
絶対恩返しができる日がくると思うから。。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 16:08
はなもぐさんへ
はなもぐさん、具合悪いのに、それなのに、私のところへ来てコメントで励ましてくれて。。疲れさせちゃってごめんね。
>ゆっくりしていることが 前に進んでいることになる時間もあるって
私、せっかちみたい。。何もしてなくても前に進んでいることになるなんて発想なかった。。ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 16:12
マツケイサンバさんへ
そう、これは自分とのたたかいですね。。
自分が自分に負けちゃダメですよね。
ゆっくりやっつける。。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 16:14
ノンシュガーさんへ
>「立ち止まることも、動きの一つだ」
立ち止まる勇気をまた失ってました。
初めて病気と向き合ったときみたいに。。
ノンシュガーさん、思い出させてくれてありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 16:17
あ〜した天気にな〜れ yukikoさんも元気にな〜れ。yukikoさん 大丈夫大丈夫。朝の来ない夜はない。出口のないトンネルはないんだからさ。慌てない慌てない 一休み一休み。(一休さんもそう言ってたよね)
Posted by マツケイサンバ   at 2006年01月20日 16:25
心配かけました
ごん元気ですよ!無事帰ってきました♪
麻酔のせいか顔はぼーっとしてるけど、散歩に行きたそうです(笑)
でも、今日は散歩に行かないよう言われたので行けませぇん
ご飯も柔らかいものを・・・ということで缶詰フードを厳選しさっき食べさせました
4・5日は缶詰フードなんでカリカリフードに戻したとき嫌がったらどうしましょ(笑)

あたしさっきえらそうなこと言ったのに、母と口げんかしたぁぁああ
喧嘩するほど仲がいいっていいますもの(笑)
喧嘩できるほど親も元気でいいことだ!あははっ


Posted by ハム太郎 at 2006年01月20日 17:49
僕もね、病気の発覚と人身事故ですべて嫌になって、死のうとしました。
でも家族の顔が浮かんできてできなかったよ…。
yukikoさんにはお母さんがいるもんね。

俺のほうは9年前だから、今年の秋で10周年!
今でも笑い話にはできていないけど、心は強くなりました。
その点では俺のほうがかなり先輩だね。

一生に一度は経験しておかなきゃいけないことだったのかな〜?
と今は理解しています。
お互い前科者になっちゃったよね。
これから、「答え」をひとつひとつ積み重ねて生きていこうよ!
Posted by かず at 2006年01月20日 18:11
自傷とは、最も死に近づきながら、己の生を確かめる方法らしいです。
しかしながら、この方法は自分自身は言うに及ばず、その他ありとあらゆるモノを否定するだけでなく、多くの悲しみを与えてしまいます。

人の【死】というのは残された者達に意味があって、逆に【生】というのは生きている本人にしか意味がありません。

どうぞご自愛ください。
Posted by pepino at 2006年01月20日 18:59
マツケイサンバさんへ
トンネルの出口絶対あるよね。。
一休さん、そうだ、慌てても仕方ない。ひと休みしよう。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 20:24
ハムちゃんへ
ごんちゃん元気に帰ってきて良かった。。
カリカリに戻しても大丈夫。それしか食べるものないって気付くから★

ほんと、喧嘩できる親がいること、とても幸せなことですよね。
今回つくづくそのことを実感しました。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 20:27
かずさんへ
一生に一度経験なんてするもんじゃないですっ。って私が威張ってる場合じゃないですよね。。
そうならないようこれから一つずつ階段をあがっていこうと思います。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 20:28
pepinoさんへ
>人の【死】というのは残された者達に意味があって、逆に【生】というのは生きている本人にしか意味がありません
私逆だと思ってました…。
ダメですね。
ありがとうございました。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 20:31
初めまして、かずの妹です
兄のブログから飛んできました!
読んでいて、涙が零れました。゚(゚つД⊂゚)゚。
親の大切さがよくわかり、もっと大事にしようと思いました・・・
yukikoさんは一人じゃないですよっ☆
ゆっくり、ゆっくり進んでいければいいですね(*≧∀≦)
Posted by かずの妹 at 2006年01月20日 21:46
 yukikoさん、こんばんは。具合はいかがですか。ご飯食べれていますか。眠れていますか。いつもyukikoさんを応援しています。心配で何度もきています。この記事を読んだ時はかなりショックを受け、震えました。私もICUに何度も入っているので。流れに逆わらずに身をまかせると、少しは楽に生きられる気がします。冬って冬季鬱っていうように患者も増えるみたいです。2時間頑張って打ち込んでしまって体も疲れてしまって精神が持ちこたえれなかったのですね。
 「あなたが生まれた時、あなたは泣いて周りは笑っていたでしょう。あなたが死ぬ時、周りは泣いてあなたは笑っているような人生を送りましょう。」って、たぶんこんな感じの文章だったと思うのですが、印象に残ったのでかきました。こんなこと言っている私は傷だらけで人前で手が出せない位なのですけれど。気持ちはすごくあるのですが、yukikoさんのように文章力がないので・・許してね。
Posted by ぶーげんびりあ at 2006年01月20日 21:52
かずさんの妹さんへ
初めまして!ほんとにほんとの妹さん!?
かずさんと同じで優しい。。。
ゆっくりゆっくりやっていこうと思ってます。
ありがとう☆
Posted by yukiko at 2006年01月20日 22:02
ぶーげんびりあさんへ
こんばんは。ご飯食べられるようになりました。
今日昼寝はできなかったけど、その分夜はたくさん眠れそうです。

冬は寒くて暗い日が多いから、余計悪かったのかもしれないですね。。
それと2時間頑張ったのも体力を消耗させてしまって良くなかったのかもしれない。私はどうも何か一つに集中してしまう癖があるみたいです。。

ぶーげんびりあさんの方が、私よりもっともっと辛い思いをされてきたでしょうに、それでもこうして私を励ましてくれる。。温かい気持ちが伝わってきて、涙が出ました。

今迄自然の流れに逆らってきたように思います。
これからは、少し流れに身を任せてみようと思います。

ぶーげんびりあさん、ありがとうございました。
Posted by yukiko at 2006年01月20日 22:11
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

初めまして恋愛事情 管理人 です。 
ネットサーフィンをしていたらこのサイトが目にとまりました。

内容を読んで楽しく私もこのサイトのファンになりました。全体的なバランスも良く完成度の高いサイトだと感じております。
恋愛事情のサイト内容は恋愛、性、不倫、女性向けの話が中心100種類以上の無料占い・無料ゲーム。

よろしければ相互リンクをお願いします。

恋愛事情サーチエンジン登録はこちらから可能です。是非登録お願い致します

http://rena-i.net/cgi/yomi-search/regist_ys.cgi?mode=new   

--------------------------------------------------------
恋愛事情 (占い無料・ゲーム)

http://rena-i.jp/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Posted by 恋愛事情 (占い無料・ゲーム) at 2006年01月20日 23:43
自分が言える事は、がんばって生きてください。
貴方が居てくれないると困ります。
ものすごく〜わがままで勝手かもしれませんが、必ず生きてください。
Posted by jun at 2006年01月20日 23:53
自分は、書き込む事しかできませが、がんばって生きてください。
貴方が居てくれないと困ります。
ものすごく〜わがままで勝手かもしれませんが、必ず生きてください。
Posted by jun at 2006年01月20日 23:56
こんばんは☆お加減はいかがですか?
以前私も心療内科に通院してると申し上げましたが、私の場合はもうDrと世間話する程度です。でも数年前はyukikoさんの心境のような時もありましたから、お気持ちはお察し致します。

それでも生きてるといい事はたくさんありますよ(^0^)
私も苦しみから這い上がれず、もがき回った時期もありましたが、今ではカウンセリングさせて頂ける側になれましたから。
yukikoさんにも必ず出口はあります!「明けない夜は無い」と言う通り、必ず光が差し込んできますから、今はゆっくりなさってくださいね☆
陰ながら応援してます(^^)
Posted by しおん at 2006年01月21日 00:57
yukikoさん、お加減いかがですか?読んでいて震えが止まりませんでした。私自身も同じような経験がありますので・・・感情の波がうまくコントロールできないのは誰にでもあると思います。また、あまりにも苦しい時は誰にも話せなくなる。と言う気持ちも理解できるので、余計につらいです。でもyukikoさん!ここに来るたくさんの友達(と私は思っている)が優しい言葉を伝えてくれます。それを今、少々ぎこちなくも素直に吸収している様子がうかがえるので、安心して良いですか?うまく言葉にできませんが、あまり頑張らないで下さいね・・・頑張ろうと言う気持ちは、時には自分への凶器になる気がします。
Posted by 南保 at 2006年01月21日 02:53
お母様が余りに可哀想・・結局あなたは親の気を惹きたいだけで根本的ただワガママな性格よ。いつまでも親に甘えてないで自立したら?心の病に完治は存在しない!きっとあなた次第で良い運気になる。心の病は自分しか治せない!自分に甘すぎる人は都合の悪い事は人のせいにする。自分次第で病に発展させ病と言えば周りが心配してくれ、仕事もしなくていい、結局何にもせず楽してる。本当は自分で症状を自由にコントロールもできる、でも思い通りにいかねば我慢できなく家の中で発狂するが人前でプライドあるゆえ騒ぐ事はできず。本当は自分で自分を病人に作り上げ周囲の気を惹いてたい!あなたは人に厳しく自分にすごく優しいのかもね
Posted by あおい at 2006年01月21日 04:03
junさんへ
いえ、わがままで勝手なのは私のほうです。
>貴方が居てくれないと困ります。
ものすごく嬉しい言葉でした。
junさん、ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 09:51
しおんさんへ
私もしおんさんのように乗り越え、誰かの話を聞いてあげられる、そんな立場になれるよう、今はゆっくり進んで行きます。ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 09:53
南保さんへ
本当にたくさんの方が温かい気持ちを伝えてくれました。
一つ一つ素直に聞くことができる。。
もう大丈夫です。ごめんなさい。ありがとう。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 09:57
あおいさんへ
母には本当に申し訳ないことをしたと思っています。
ただ、私が騒いでしまったのは、家でではなく外でです。
家族以外の人をたくさん巻き込んでしまった。しっかりしなくちゃと思えば思うほど、自分を制御できなくなってしまって…。そんな私を母は「みっともないからやめなさい」と何度も止めてくれました。それすら耳に入らなかった。

私はわがままで、人に厳しく自分に甘すぎる、仰るとおりです。
先生と話して、もうすぐ完治するところまで来ていると知って、
早く働きたい、早く一人前になって母を安心させたい、そう思いました。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 10:11
(続き)
病は気からと言いますが…、1年かけてやっとここまでたどり着いたんです。それまではいろいろ頑張ってたんですよ。。
長くて苦しかった。思うように体が動かず、イライラして、お金もなくて。でも、もうちょっとなんです。

今はいろいろなことをすべて受け入れた上で、少しずつではあるけれど、前を向けるようになりました。

あおいさん、不快な思いをさせてしまってごめんなさい。
コメントありがとうございました。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 10:13
あおいさんのコメントを読んで…
表層的には厳しい内容なんですが、読み終わった後に不思議と愛情のようなモノを感じました。

>きっとあなた次第で良い運気になる。
本当に批判するのであれば、もっと貶めるコメントになるはずです。

このブログのコメントが“傷の舐め合い”や“茶番”にならないためにも、様々な観点で意見を寄せ合うべきなんでしょうね。

根底にあるモノが同じであっても、表現の仕方が違う…。
深いですね…。
Posted by pepino at 2006年01月21日 18:02
病気のせいですよ、すべて。
症状として「希死念慮」があるのだから、性格やなんかの問題じゃないよ。
そして、自分に甘いどころか、むしろ、自分に厳しく真面目な人が罹る病気なのだから、yukikoチャン、これ以上、自分を追い込まないように…。
こういうの、知らない人って、けっこうキツイこと言ってくるのよね。
ネットで知らん人間にボコボコにされたことがある私なので、ちょっと心配だべ。
Posted by 由巳ゆみ再び at 2006年01月21日 18:05
pepinoさんへ
さまざまな意見をいただけるのはとても嬉しいことです。
表現の仕方が違うだけかもしれない。けど、やはり気分を害してしまう人もいたということは、認めなければいけないと思いました。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 18:58
ゆみちゃんへ
これまで、病気のことを伝えても、理解してもらえないことがたくさんありました。怠け病とか自分に甘いとか。それで実際になじられたこともあります。どんなに訴えても通じない人には通じないということを知りました。

周りの人全部が理解を示してくれなくてもいい、身近にいる理解者と共に一歩ずつ前進していけばいいんだって今は思います。

私もどこか知らないところで誰かを理解できてないと思うし。。

ゆみちゃんがいてくれると本当に心強い。
ありがとう、ゆみちゃん。
Posted by yukiko at 2006年01月21日 19:04
時に人は絶望に打ちひしがれ、復讐心もつのり自殺を図ることがあります。
私も2年前未遂をしたのですが、運良く助けられなんとか生きています。
あの時、もし私の命がなくなっていたら、どれだけ多くの人を悲しませることになっていたかと思うと、やりきれない気持ちでいっぱいです。
2年経った今、まだうつ状態は治ってはいませんが、なんとか周りにささえられながら生きています。
ささやかな楽しみも見つけることもできました。
ずっと抜け出せないトンネルなどないんだと思います。
今はそれだけを信じて生きようと思っています。
ユキさんは多くの仲間に守られています。
彼らのパワーをもらって、少しずつでいいです。
ゆっくりと、歩んでみてください。
人生とはそんなものではないかと思っています。
Posted by トキ at 2006年02月22日 22:11
トキさんへ
私もようやく周りに支えてもらっていることのありがたさを感じ、
パワーをもらい、少しずつですが、トンネルの向こうの明かりが見え始めてきました。これからもゆっくりゆっくり進んで行こうと思っています。
トキさん、素敵なコメントありがとうございました。
Posted by yukiko at 2006年02月22日 22:32
gvvbnvnffhf <a href=http://gongfu.com.ua>祿跋</a>
Posted by fghfghnytuhn at 2010年02月19日 20:01