2005年12月30日

優しい気持ち

3e12a78f.jpgもう10日ほどになるだろうか。

今まで、夕方から次の日の朝まで、玄関を上がったすぐのところに犬のランをつないでいたのだが、意味不明の無駄吠えにかなり悩まされていた。朝は4時か5時にはもう吠え出し、散歩へ行っても食事をあげてもワンワン吠える。私も両親も可愛いとは思いつつ、イライラが募ってしまい、手をあげてしまうことが多くなっていった。どうしたものかと考えた末、もともと外で飼っている犬だが、私は思い切って私の部屋に連れてくることにした。

最初は、はじめて入る部屋にとまどい、落ち着きなくウロウロ歩き回っていたのだが、そのうち安全だとわかったのか、ホットカーペットの上で、安心しきった顔で眠るようになった。そして、なんと無駄吠えがピタっと止んだのである。

今、吠えるのは、朝トイレに行きたい時と、食事をしたい時、私が部屋を出て行ってしばらく戻ってこない時、と彼女が吠える理由がだんだんわかるようになってきた。
彼女は、決して無駄に吠えていたのではなく、寒い、寂しいと訴えていたのである。
玄関ホールにいる時、いつもぷるぷる震えていた。いつも一人ぼっちだったのだ。

だが、私の部屋にくるようになってから、暖かさと私の目が行き届くようになって、安心して眠ることができるようになったのだろう。嘘のように、静かで穏やかな顔をし、寝息を立てて眠っている。

ランがワンワン吠えることがなくなり、ほっとしたものの、私の生活は大きく変わった。彼女はとにかくよく毛が抜ける。私の部屋のカーペットはピンク色なので、白い毛はあまり目立たないが、ランが目覚め、外へ出すと、部屋を掃除せずにはいられなくなった。この無精者の私が、なんと、この10日間毎朝掃除機をかけているのだ。生まれてはじめての掃除っぷりである。もう大掃除なんか何処吹く風だ。

そして、しょっちゅうランの顔を見ることになって、愛情がどんどん募っていくのを実感するようになった。朝、目覚めて目が合った瞬間私にかけよってくるラン。私と一緒になってホットカーペットの上で昼寝をし、先にランが目覚め、私がわざと知らん振りをすると、いたずらしてわざわざ私の体の上に乗ってくるラン。一つ一つのしぐさが可愛くて、私の目はますますランに釘付けになる。13年間飼ってきて、こんな気持ちになったのははじめてである。おばあさん犬が愛しくてたまらないのだ。

散歩へ行く度にブラッシングをするようになったおかげで、以前より毛並みも随分綺麗になった。体も清潔に拭いてやるようになった。

だが、本当の愛犬家というのは、このくらい当たり前のことのようにやっているのではないだろうか。私が今迄、ランを可愛い、世話をしていると思っていたのは、思いあがり以外の何ものでもなかったのだろう。勝手に都合のいい時だけ可愛がり、こちらが癒してもらっていただけのことだったのである。

9月の半ばにランをペットホテルに3日間預けた。
帰ってきたランは、憔悴しきっていて体中に湿疹ができていた。
だが、しばらくすると湿疹はおさまり、獣医さんのところに行くまでもなかったのだが、左後ろ足に500円玉くらいの大きさで毛が抜けてしまった部分があり、以来現在までずっと生えてこなかったのである。

その500円玉ハゲを見る度に、可哀想なことをしたと私は胸が痛み、そばで横になっているときは、なるべくそこをマッサージするようにしていた。
すると、そこからうぶ毛が生えはじめてきたではないか。飛び上がって喜んでしまった。3ヶ月の間、まったく毛が生える様子など見せなかったのに、この10日で徐々にピンク色の地肌に、可愛い白い毛が生えはじめてきたのである。

彼女は、ペットホテルから帰ってきても、ストレスを抱えたまま生活していたのだ。だが、私の部屋にくるようになって、そのストレスが軽減したのではないだろうか。私にはそう思えて仕方がない。いや、そう思いたいのだ。

もうランは、家の階段の上り下りを自力でできない。
外へ連れて行くとき、部屋に戻ってくるとき、その度に私は14キロのランを抱っこして階段を上り下りする。決して楽な作業ではないが、彼女の心臓の鼓動を体で感じながら抱いている時、重さよりも彼女の命を感じ、私は“ずっとずっと長生きしてほしい”と強く思うようになった。

14年目の冬、はじめて暖かい年越しをするラン。
ランのおかげで、私も心の温かい年越しができそうである。

なのに、これまで吠えてる理由がわからず、うるさいと言ってわき腹を殴ってゲ○を吐かせてしまったなんて、なんてお前はひどい奴なんだ!のお怒りの人気blogランキングクリックお願いします☆



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/late_bloomer/50348705
この記事へのトラックバック
日本の人口が初めて減り始めて、「国力が衰える」「年金や医療保険制度が崩壊する」と大騒ぎになっています。 「産みにくい、育てにくい社会だ」という意見も多く、猪口少子化担当大臣が「子供や母親の目線に寄り添った施策を」と記者会見で言っていました。こういう視点...
人口減少社会を救う?!ために:個人の自由を認めよ【Make Your Peace】at 2005年12月31日 16:15
この記事へのコメント
yukikoさんはランちゃんの優しいママですね。
ランちゃんは今すごくすごく幸せなんだと思います。
私も子供がアカンボの時、毎日夜泣きされ寝不足のあまり顔面ビンタした人間です。
朝方子供は泣きすぎてミルクを吐いたまま寝てました。
怒りのポチなんてとてもできない身です。これからたくさん大切にしたいですね、のポチを。
でも今日も叱り飛ばしてしまった・・(-_-;) 来年こそは!(笑)
Posted by かつみ at 2005年12月30日 21:16
こんにちはyukikoさん♪
あたしも昔ゴンに八つ当たりしてました。自分のイライラを、全く関係ないゴンにぶつけてたんです。
でもね、5年ぐらい前だったかな。ゴンに咬まれて自分の非に気づきました。それからはとってもいい信頼関係を築いてる☆(とあたしは思ってる。ゴンはどう思ってるのかわかんないけど。。。)今は、叩くことめったにありませんよぉ〜
今はゴンに咬んでもらってよかったと思います。あのままだったらあたし、【自分のエゴで我が子を叩く母親】になる可能性高いと思うもん。
犬といえどもその影響は計り知れないですね。あなどれない(笑)

ランちゃんが心穏やかに過ごしてる様子が伝わってきました。ランちゃんはyukikoさんが大好きなんですね☆
人でも動物でも、好きな人(動物)と一緒にいるのが一番の幸せなのかな〜
Posted by ハム太郎 at 2005年12月30日 21:21
yukikoさん、こんばんわ。

今年は雪でどうなるかわからないので、旦那の実家への帰省は取りやめです。
で、誰がいちばん喜んでいるかといえば、
毎年この時期になると預けられるニャンゴです。

「今年はやめておこうか」との夫婦の会話いらい、元気いっぱい(笑)
人間の言葉って、動物にはぜったいに伝わっていますよねー。
Posted by peko at 2005年12月30日 22:08
かつみさんへ
犬と人間の赤ちゃんとでは、随分差があるとは思いつつ、何で泣いているのかわからず、大声で吠え続けているランの姿を見て、手を出した私は、子供ができてもそうしてしまうのでは?と思いました。でも、それでもいいんじゃないかとも思ったりして。。

人間も犬も躾は大事。
ただ甘やかせばいいってもんでもないですよね☆

ただ、うちの犬、もう80歳くらいだそうで、今はもう躾うんぬんより、いかに快適に過ごせるかを考えてやりたいです。

Posted by yukiko at 2005年12月30日 22:43
ハムちゃんへ
ほんと、あなどれない。
こんなに影響を及ぼす存在だったとは・・。

両親が一番驚いています。
「随分よく面倒見るようになったね」と。
そういうキャラじゃなかったから。。

>人でも動物でも、好きな人(動物)と一緒にいるのが一番の幸せなのかな〜
うんうん、そうなのでしょうね。
今も私の足元で寝息を立てているラン。
あぁ、幸せだ〜
Posted by yukiko at 2005年12月30日 22:48
pekoさんへ
うん、私も絶対そう思います!!
親子喧嘩してれば、その雰囲気を察知して隅っこの方へ行ってしまうし、
可愛いと話している時は、目をクリクリさせてこちらを見る。
相手は喋らないけれど、絶対伝わってるのがわかります。

ニャンゴちゃん、大好きなpekoさんと一緒にいられて良かったね☆
Posted by yukiko at 2005年12月30日 22:51
はじめましてm(_ _)m
ここ数日間覗かせていただいてました。

yukikoさんの飾らない素の魅力や
とても丁寧で読ませる文書力が凄く素敵で
毎日読むのを楽しみにしていました。
年が変わる前に挨拶させていだこうと。

これからちょくちょく顔をださせていただきますので
よろしくお願いいたします♪


追伸:
ランちゃんはyukikoさんに想われて、
yukikoさんはランちゃんに想われて。
とっても幸せないい関係ですね〜☆
Posted by Rue at 2005年12月31日 03:00
お久し振りで〜す。
自分の病気のことで、精神不安定になっていましたが、やっと回復しました。
いつのまにか恋人募集してるし…。
俺もメール出しておけばよかった〜。笑。

ランちゃんは「寒いよ〜」ってずっと言ってたんだね。
それなのに、脇腹殴られて〜。
それでも、ペットホテルじゃなくて、yukikoさんの家が安心するみたい。
殴られるのも愛情のひとつ?
長生きしてくれるといいね。
Posted by かず at 2005年12月31日 07:52
Rueさんへ
初めまして、コメントありがとうございます。

そうなんです。
私とランはやっと両想いになれて幸せです♪

今年最後に温かいコメントありがとうございました。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
Posted by yukiko at 2005年12月31日 12:03
かずさんへ
ほんと、お久しぶりです!!
回復してよかった。。
恋人募集・・ちょっと大胆すぎましたね。
でも、なにか動いてみなくちゃっていう気持ちになって・・。
お互いに思いやれる素敵な関係になるのは簡単ではありませんが、いつか、そんな風な関係を作れる人に出会えたらいいです。。

そう、ランは寒くて寂しかった・・。
なのに、わき腹直撃!
あの時は、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

ちょっと、かずさん!
ペットホテルよりうちがいいに決まってるじゃないですかっ!!
Posted by yukiko at 2005年12月31日 12:07
今年はお世話になりました
来年も宜しくお願い致します
良いお年をお迎えください
Posted by ウイパパ at 2005年12月31日 12:39
yukikoサン、今年はお世話になりました!!
勇気を出し、憧れのyukikoサンにコメントして、本当に良かったです!!
yukikoサンの返事をワクワクして待って、ニヤニヤして読んでる、変態のウタチャンですが来年もヨロシクお願いします!!
「女の価値は自分で決める」
最高です!!

良いお年を...☆
Posted by ウタチャン at 2005年12月31日 15:31
ウイパパへ
こちらこそ、大変お世話になりました。
来年も是非よろしくお願い致します。
ウイパパにとって良い一年になりますように!!
Posted by yukiko at 2005年12月31日 16:11
ウタチャンへ
こちらこそ、お世話になりました!!
ウタチャンからコメントをいただき、何度も遊びに行かせていただいてます。いつも痛いところをつかれ、いろいろ気付かせてもらいました。
女の価値を自分でもっとあげられるよう、来年もよろしくお願いします!
良いお年を〜☆
Posted by yukiko at 2005年12月31日 16:18
もう犬を殴ったりしないで下さいね。
同じ目にあいますよ。
Posted by はる at 2005年12月31日 22:34
はるさんへ
本当に後悔しています。
殴っても泣き止むわけでもなく、ただランが痛い思いをしただけ。。
その分、一生懸命これから大切にしていきたいと思っています。
Posted by yukiko at 2006年01月01日 00:10