2005年12月25日

お、贈り物が・・

プレゼントを持って友人との待ち合わせ場所に向かった。
中身ももちろんだが、プレゼントを渡すタイミングも結構重要である。
最初に渡してしまっては味気ないし、相手にとっては荷物になってしまう。
やはり、別れ際にさらっと渡すのが一番だろう、そう考えながら車を走らせた。

彼とは知り合って7年くらいになるだろうか。
ガタイはデカイがなかなか繊細なところがあり、彼は、失恋するとヘロヘロになってしまう。そんな時、よく私のところに連絡をよこすので、「じゃぁ、メシでもどう?」と言って、食事がてら彼の沈みきった顔を眺めつつ話を聞くことになる。大抵の場合、彼が悪いので、私は優しい言葉をかけるより、「自業自得、よく考えて」なぁ〜んて冷たいセリフを吐いて、お開きにしてしまうことが多い。

また、私が弱った時には彼が話を聞いてくれたこともあったが、数にしたら彼の方が断然多いだろう。これまでは、“お世話になった”というより、“お世話してきました”という気持ちが強かった。

だが、私が体調を崩している間にも、彼はちょくちょく心配して連絡をくれたり、何かと気遣ってくれていたのだが、当時の私には、電話に出る気力も無く、ましてや会って話をする気力など全くなかったので、彼からの電話は無視するわ、メールで断るわで、彼のことはちょっとひっかかっていたのだ。

そのうち、私の体調もずいぶんよくなり、そんな頃、タイミングよく彼から連絡があった。ゴルフを始めたと言う。彼は、私がゴルフをしているのを知っていて、練習へ行こうと誘ってくれた。すぐに話は決まり、一緒に練習場へ行くことになった。

彼は、失恋するとヘロヘロになるが、日本一になったことのある元トップアスリートだ。いくら初心者とは言え、ゴルフのスイングも凡人とは違うんじゃないか、と、私はワクワクしていた。ところが、そのデカイ体からは想像もつかないくらい、小さな小さなスイングで、「どう?」と聞かれても、私には「せせこましいスイングだな」としか言いようがなかった。私のフォームの方がよっぽど男らしかった。

そんなこんなな一回目の練習を終え、「また行こう」という話になり、彼にとってはクリスマスイブとかそんなことはまったく関係なく、「今度の土曜日に」ということで、24日にまた練習場へ行くことになった。

私は、“あぁ、ちょうどクリスマスイブだし、今までいろいろ気遣ってくれたお礼に軽いプレゼントでも渡そうか”と思いついた。そして、いろいろ考えた挙句、ゴルフ用品にたどり着いた。彼は、一回目の練習の時殆ど道具を持っていなかったのだが、23日に立派な中古クラブが手に入ると言っていたので、それじゃぁ、消耗品でいくつあっても困らない小物をプレゼントしたらちょうどいいだろう、と私は思ったのだ。

24日当日、彼の道具は想像をはるかに越えた立派なものだった。
特注のキャディーバックにピカピカのフルセット。おまけに箱で新品のボールもたくさん貰ったという。“えっ、ボールをたくさん箱で貰った・・?。”

彼が連れて行ってくれた練習場は、とても家庭的な雰囲気のこじんまりしたところだったので、私は何の気兼ねもなく400球をぶっ放した。そしてその後、積もる話をしながら昼食を取り、満腹になったので席を立ち、ゴルフ用品店に向かった。彼は専門店に来るのも初めてだといろいろ眺めた挙句、ティーが欲しいと言うので、私は300円で5本くらい入っているのを薦めた。だが、彼は結局、その店で一番安いであろう78円のティーを買って店を出た。

そして、ついでにその隣の洋服売り場ものぞいてみることにした。
彼は靴下を手に取りつつ、自分が履いている靴下を指し、「黒い靴下っておっさんっぽい」と言って、ふわふわした生地の可愛らしい靴下を手に取ったが、女性物なので、結局買わなかった。“え?黒い靴下はおっさんぽいのか・・?。”

それから、スポーツ用品のブランドの話になった。私のゴルフ用品はナイキでそろえていることもあり、「ナイキってどう?」と聞くと「う〜ん、あまり靴以外は好きじゃない」という答えが返ってきた。“え?ナイキ好きじゃないんだ・・・。”

ここまで来て私はガックリしてしまった。
もうおわかりかと思うが、私が買ったプレゼントは、ナイキのボール3個にナイキの黒い靴下だったのである。

まさか、新品のボールを箱でたくさんもらってくるとは思わなかったし、ナイキがあまり好きじゃなくて、黒い靴下をおっさんぽいと思ってるなんて、私は全然知らなかったのだ。こんなことなら300円のティーを一つプレゼントした方が、よっぽど喜ばれたんじゃなかろうか。

しかしもうどうしようもない。
別れ際、ヤケのやんぱちで「はい、コレ。絶対今開けないで!」と言って手渡した。
彼はそのナイキの袋を見て、「あっ」といい、触った感触でボールの存在を知って、また「あっ」と言い、その後、靴下を触って最後の「あっ」を言った・・。
私は、「絶対今見るなっ!」と叫びながら逃げるように去った。

プレゼントを贈って、これほど滑っているのを事前に知ってしまったのは初めてだ。
神様は意地悪だ。善意を示した私にこんな打撃を食らわせなくてもいいだろうに。。
しかし、本当に人を喜ばせるというのは、とても難しい事なのだとつくづく思い知らされた。

だが、落ち着いた今、あの時私が動揺を隠して、堂々と彼にプレゼントを渡し、「今ここで開けてみて☆」と言って、彼の反応をじっくり見ればよかったと後悔している。喜ばせるのが無理なら、どんな困った反応を示すのか、それを見るのも楽しいではないか。

それがサンタさんからのプレゼントだったとしたら、私、貰い損ねちゃった。。

裏目裏目の私に人気blogランキング慰めクリックお願いします・・。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/late_bloomer/50336718
この記事へのコメント
プレゼント選びの奥深さを痛感しました!

でも、きっと、彼の方が、しまった( ̄Д ̄;) って思ってると思います。
yukikoサンの心使いはちゃんと伝わってる筈ですよっ★

私も、ナイキ好きですよ☆
Posted by ウタチャン at 2005年12月26日 08:43
黒い靴下は汚れが目立たなくていいと思うのは、おばさん感覚?(えへっ)

あたしもウタチャンさんと同じ、彼もしまったぁ!と思ってると思います。
その場で開けてもらってどんな反応をするのか・・・それを観察するのも
いいですなぁ!ナイスアイデア☆自分が同じようなことになったらぜひ実行してみようっと★
Posted by ハム太郎 at 2005年12月26日 09:46
ウタチャンへ
ウタチャン最高!!
ナイキ好きってナイスフォローです。
朝一番に心が温かくなりました☆
Posted by yukiko at 2005年12月26日 10:01
ハムちゃんへ
そうよねぇ、スポーツに汚れはつきもの。黒い靴下最高!

ほんと惜しいことしちゃった。
同じようなことにならない方がいいけど、もしなっちゃったら、是非実行してみてください★
Posted by yukiko at 2005年12月26日 10:03
大笑いで読んでしまいました!
ほんと、お気の毒なのですが・・・ついつい笑いが・・・
でも、一般的にはいい選択だと思いますけどね〜
最後は、開けてもらって、ははは〜と二人で大笑いするというのも
手ではあったかなと思います。
ホント、プレゼントって難しい。
Posted by しょうしょう at 2005年12月26日 15:38
プレゼントって難しいけど、考えるのって楽しいですよね〜でも、思わず笑ってしまいました。プレゼントではないけど、以前(いいな)って思ってる人に「いい感じの店で、生バンドがあって」と言われ、ジャズじゃなければ・・・と私が言うのと同時に「ジャズは好き?」って彼が(苦笑)2人の間に風が吹いた瞬間でした〜〜タイミング悪い事って多いですよね。
Posted by 南保 at 2005年12月26日 20:54
しょうしょうさんへ
笑ってもらって良かったです〜。
ホントに仕込んであるネタみたいでした。。
自分では、結構満足してたんです。
重くない程度の金額だし、消耗品はいくつあってもいいだろうと。
まぁ、タイミングが悪かったと思って、今回は水に流そう。。
Posted by yukiko at 2005年12月26日 21:59
南保さんへ
う〜ん、ほんとタイミングなんですね。
ほんのちょっと先にどちらかの好みを知っていれば・・・。
ジャズって全部同じに聴こえてしまうのは、私だけでしょうか??
きっとちゃんと聴けば素敵な音楽なのでしょうね。。
Posted by yukiko at 2005年12月26日 22:01
スポーツで頂点を極めた人達の中には、彼のように恋愛に不器用な人が多いんでしょうねぇ(^^;
大抵は同性の集団じゃないですか!?だから、異性の気持ちを把握し切れず、常識はずれのとんでもないことをやらかす…。

アスリートを2分すると、万能型と特化型に分けられるようです。
彼は特化型だったのかな!?

それにしても、今回は新作落語を読んでようで、思わず吹き出してしまいました。
サゲ(オチ)の部分はさすがです!
やはり、何事も才能なんですかね。
Posted by pepino at 2005年12月27日 03:15
pepinoさんへ
そうですね、男同士の中で長い間生活してきたから、恋愛に不器用なのかもしれないですね。
へ〜、万能型と特化型があるんですか。
彼は特化型だったのかも^^

笑っていただけました?
ここんとこお笑い系から遠ざかっていたので、ぷっとやってもらえたらもう大満足です☆
Posted by yukiko at 2005年12月27日 12:16
♪こんにちワン♪

クリスマスの喧騒はすっかりおさまりましたが、新年に向けての準備などで
また気ぜわしい日常に戻りましたね。。。
yukikoワンにおかれましては、滑りながらも、たくましく立ち直ったことと
想っていますワン^^v
遅ればせながら。。yukikoワンにプレゼントがあります。。。それは、滑るどころか、フリーズするほどの励ましのメッセージです。

yukikoワン、今回の滑ってしまったプレゼント作戦、たった1回のことだっ!そんなこと気にしナイキ〜!!

どうよ、この極寒の犬身的メッセージ。。。めげずに前を向いて歩んでいくのだワン^^v。。。あれ??ひきつっている?

Posted by 雪国ショコラ at 2005年12月27日 13:26
雪国ショコラワンへ
本当にフリーズしてしまった・・。
“気にしナイキ〜???”

いえいえ、極寒の犬身的メッセージのおかげで、前を向いて歩いていけそうです。。^^
Posted by yukiko at 2005年12月27日 13:30
彼が、あって言ったのは、きっと彼のほうがしまった!って思ったからじゃないかな〜?

それと、彼もyukiko姫にプレゼント用意しておくんだった!って思ったはず。。。
Posted by はなもぐ at 2005年12月27日 16:04
はなもぐさんへ
彼がしまった!と思ってくれたのだと思うことにします!
でも、でもね、プレゼント用意しておくんだったっとは思ってなかったと思うのよね。。
Posted by yukiko at 2005年12月27日 17:44
yukikoさん、こんにちは!
先週末からクリスマスホリデーの4連休で、こちらにお邪魔出来ませんでした。

遅ればせながら、恋人募集作戦が奏功して良かったですね。これからの展開に期待しています!

ところで、クリスマスプレゼントの話には笑ってしまいました。考え方の一つに、世の中で偶然に起こる事は、本当は決して偶然では無く意味のある必然なのだというのがありますが、yukikoさんの体験をこれに当てはめた場合、一体この偶然的必然にはどんな意味があったのだろうか???

まさにその後の彼の反応が気になっちゃいました。そこに答えが隠されているかも知れない!と勝手に想像し、心理推理クイズにしてしまっている私です。続報を是非お願いします!



Posted by Sari at 2005年12月28日 11:57
Sariさんへ
クリスマスホリデー、素敵な響きですねぇ。。
日本のなんちゃってクリスマスとは一味も二味も違うことと思います。

恋人募集作戦、これから時々ご報告できたらなって思ってます☆

このプレゼント話、笑っていただけて大満足です!
この偶然的必然、とっても意味がありました。
まさに決して偶然ではなかったと実感しました。

彼からは、その日の夜、爽やかに「ありがとう!大切に使います」というメールが来ました。そして、私は思ったのです。

“そういえば、今までも私が彼にとってよかれと思ってやってきた事は、彼にとってはあまり有益ではなかった”と。
なんとなくモヤモヤとそういう気持ちを抱きながら彼と接してきましたが、今回の件で“あ〜、こういうことだったんだ”と彼とのズレを実感した次第です。

さすがSariさん、大当たり!!
Posted by yukiko at 2005年12月28日 13:21