2005年11月26日

実録!派遣社員

昨日アップした「タイトル」という記事に対していただいたコメントの中で、大変興味深いものがあった。話は「タイトル」の内容そのものについてから、「派遣社員とは」というやり取りに発展した。

これから派遣社員として仕事をして行こうと考えている方に、派遣社員がどういう位置づけとして考えられているのか、また、派遣として働いていた者がどういう気持ちで働いていたのか。双方の考え方が良く現れているやり取りだったと思う。
今後の参考になればと思い、以下、そのやり取りを抜粋したので、読んでいただけたら幸いである。

<いただいたコメント 
興味深く読ませていただいておりますが、読むほどに疑問が湧き上がって来ます。
何故、派遣社員の道を選んだのでしょう?正社員と同等な仕事をすることの何が疑問でしょう?30代への厳しい目とは何でしょう?本当に今の世は30女を見下していますか?
「女としての幸せは幾らでも道がある」には共感しますが、欲が多すぎて自らの義務や責任を見失っていたり、年齢相応では無い人に対してだけでは?
そもそも価値とは自分で決めるものではなく、周囲から認められて初めて生まれるもの。自分をレベルアップすることで価値を高めていくのでは?

批判的なコメントと解釈されそうですが、読む度に余裕が無いような気がして心配になってしまいます。肩の力を抜いて、もっと気楽に生きたらどうでしょう?

<コメント,悗硫鹽>
派遣社員の道を選んだ理由は一つ。
すぐに働いてお金を得る必要があったからです。選んでいる猶予はありませんでした。

そしてなぜ、正社員と同等の仕事に対して疑問を持つかという質問ですが、昨今の派遣社員とは、名前だけが派遣であって、実際は社員と同じ仕事をしなければならない。けれど、社員とは待遇がまったく違います。
私がいた会社では、派遣社員に仕事を押し付け、悠然とサボっている社員の男性がたくさんいました。彼らを見るたび、年収一千万円もらっている人たちと、なぜ同じ仕事をしなければならないのだろう?と疑問に思いました。そう思う方が普通だと思います。

欲が多いのは悪いことでしょうか?
義務や責任を怠っている人には、幸せの道はたくさんありません。
そもそも、そういう人たちは何も悩むこともなく考える事さえしないでしょう。

>自分をレベルアップすることで価値を高めていくのでは?
その通りです。だからこそ、自分をどんどんレベルアップさせて行こうよという意味で書いています。価値や評価は周りがすることかもしれません。でも、そのジャッジがすべて正しいとは限りません。時には自分で価値を認めてあげてもいいのでは?と思います。

余裕がないように思われて当然かもしれません。
私は今発展途上におり、一生懸命に頑張っている最中だからです。
すべての文を読んでいただいてはいないと思いますが、適当な暮らしぶりを綴っているのもありますし、結構ゆるゆるな生活してますよ☆
真摯なコメントありがとうございました!

<いただいたコメント◆
早速のお返事、ありがとう御座いました。
yukikoさんが仰る事もわかりますが、派遣社員の扱いはどこの会社も同じでは無いでしょうか?下手をすれば社員より高い自給で派遣会社に委託していますから、お金を払っている以上は最大限の労働力を求める事は当然かと思います。
うちも派遣会社と似た形態で仕事をしており、若い人達もあなたと同じ事を言いますが、何故出先の社員と同等の権利を求めるのかが疑問なのです。仕事の関係で偶然大企業に出向き、そこの社員と肩を並べて仕事をしてはいますが、そこの社員では無くうちの社員なのです。
うちの信用が有ってそこで働けるだけで(稀に正社として引き抜かれる者も居ます)、そこの会社に雇って下さいなどと言っても普通は無理なのですよ。派遣社員である以上は不要になればいつでも切れる、保障に値しない労働力でしかないのです。

それと、心配なのは生活では無く気質なのですよ・・・。

<コメント△悗硫鹽>
私が入った頃はまだ、派遣社員はただのアシスタント業務だけでした。これは時給に見合ったものであり、精一杯努力するのは当然のことと思います。ところが、どんどん企業側が安くて使い捨てできる人材として派遣社員と社員の仕事を同レベルまで持っていった。そして、社会はその派遣を守る為の法も改正しましたが、その法を潜り抜けてまで安く使える派遣を使いまわすようになった。その頃疑問を持ち始めたのです。でも、派遣と言う立場を選んだのも自分です。だからこそ、このままではダメだと思い、奮起し、次の目標を立てたということです。正社員と同レベルの仕事をして、同等のお給料がほしいとか保障がほしいとかそういうことではありません。大企業の社員になりたいわけでもありません。ただ、安月給で使い捨てされる自分の仕事に疑問を持ったということです。それがわからないほど、未熟ではありませんよ。。

もちろん生活苦とかそういう意味でお答えしたわけではありません。
気質についてお答えしたつもりです。私は余裕を持てるほどまだまだ人間の器ができているわけではないし、他の文章では、だら〜っと気を抜いた生活もしているという意味で書かせていただきました。

ただ、それぞれ皆持って生まれた性格でしか生きられないと思いませんか?
私はこの気質と向かい合って生活していくしかないのですから。。
自分でできる力の抜き方、それは私なりにしているつもりです。

以上、初めての熱い討論でした☆

人気blogランキング応援クリックお願いします☆

昨日は3200点に到達しました!
ありがとうございました!!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/late_bloomer/50258977
この記事へのトラックバック
クリスマスシーズンに大人気なのが《フェロモン香水》です。ニセモノのフェロモン香水がたくさん出回っている中、政府の認可を取った大人気の「本物」があります。
異性を引きつける!魔法の「フェロモン香水」!【【幸せ生活の通販日記】】at 2005年11月26日 16:47
この記事へのコメント
昨日も このコメントを読ませてもらったけれども、人には いろんな立場があり、考え方も違うと思います。
派遣を受け入れる会社によっても違うし、そこに派遣でいく人達の考えも違うから・・・yukiko姫は、その会社で感じたことがこのコメントにもでている考え方だし、このコメントをくれた人はこういう考え方なんだと思います。だから、派遣だからとか正社員とか言っても 何に対してもそうだけど、それも一つの考え方では??

気質のことも もともと自分でもってるものだし、考え方や自分で変えようと思うことを、その時に変えていけばいいよ。
人に流されず、自分の考え方が見えているんだから それに向かっていけばいいんじゃないかと、私は思うよ〜〜
Posted by はなもぐ at 2005年11月26日 11:19
yukikoさん☆お久しぶりです☆
熱いですね・・・
「そこの会社に雇って下さいなどと言っても
普通は無理なのですよ。派遣社員である以上は
不要になればいつでも切れる、保障に値しない
労働力でしかないのです。」・・・・・・・
これがあゆみの中でいちばん、いろいろと
考えたところです・・・今はこんな考えた方が
中心なんだろうな・・お客さんが似たようなこと
言ってました・・じゃなかったら・・
小泉さんは勝てないだろうって・・・
強いものが勝つだけの世の中にもっとなるんでしょうか??
Posted by あゆみ at 2005年11月26日 11:33
はなもぐさんへ
そうですね、人の考え方はそれぞれであり、立場によっても意見は違う。
ただこれからも派遣社員が増える一方の世の中で、派遣社員を扱っているだろう人が
>不要になればいつでも切れる、保障に値しない労働力でしかないのです。
と言い切ってしまわれたことにとても違和感を持ちました。
私は多くの保障に値する労働力を見てきました。
派遣社員の会社への貢献度は、そんな低いものではないと、私個人の、これまた一つの意見ですね。。

大丈夫、流されてませんよ☆
はなもぐさん、ありがとう。
Posted by yukiko at 2005年11月26日 11:46
あゆみちゃんへ
私と引っかかった部分、同じだね。。
>強いものが勝つだけの世の中にもっとなるんでしょうか??
何を持ってして強いと判断するか、また、何を持ってして勝ちとするか。。
人生は、人と比べて勝ち負けを競うものではないとおもうけれど、
もし仮に、“たくさんんお金を持っている人や地位が高い人が有利になる世の中にもっとなるのか?”と言い換えるなら、そうなっていくように私は思います。怖いわね〜。
Posted by yukiko at 2005年11月26日 11:56
 女性人に混ざらせて頂きます。ようやくお昼にありつけた類平です。
 ちょっと「初の長〜いコメント」させていただきます。

 昨日は、私の後のコメントから、少々場が不本意な方へいかれた様子。(誰が悪いというわけでもなく、人それぞれ感想なり、感慨があるということなのでしょうね。そういう風に、感情を動かす文章を、yukikoさんが書かれているという事も言えるでしょう。)

  意見の交換をするという事について、問題は無かろうかと思いますし、何かを形になして、文章になして、世の中に提示する時には、本位・不本意に関わらず、レスポンスがあるという事を、覚悟する事も必要だとは思うんですね。                        −続く−
 
Posted by 類平 at 2005年11月26日 14:15
ただ、穏健派?類平は、どの人のブログを読ませていただくときにも、ある振り幅を持つようにしています。
 すなわち、その文章一行に、(文章全体を通しても)作者の意図や感情、考え方の全て込められる訳ではないですし、こと、微妙な問題は、非常に多面的な考え方をしなければなりませんから、一遍のエッセイで語られることではないでしょう。
 僕自身も、yukikoさんの文章を読んで、即物的に反応をしてしまいそうになる事もありますが、形になったものと、本来の人格や気質というのは、一心同体のようで、さにあらず…、と考えてもう一度読み直すと、また違った意味を見出すことも多々あります。            −続く−

 
Posted by 類平 at 2005年11月26日 14:16
もう一つ大事なことは、人が何かを表現しようと思うと、その人が経験した「言語モジュール」でしか、よほどで無い限り表現できないのではないか?と考えています。とすると、yukikoさんが、あるテーマを深めていく為に、御自身が体験した「契約社員」という言葉を用い、そういう考えを持つに至った経過を書かれたのだと、認識しています。(違ったら申し訳ない。) 
 自分の考えを語るのに、弁護士で無い人が、弁護士のスタンスで、物を語れるわけ無いですよね。(そういう意味で小説家とかは凄いんだと思う。)
 パーソナルな事を、限られた紙面と時間で、毎日継続的に書かれている。その時々の感情によっては、本位で無い事を書く場面もあるかもしれない。それが、あまたのブログの良いところであり、それを楽しみにしている部分ってあるのでは?
Posted by 類平 at 2005年11月26日 14:17
ということで、まとまりの無い文ですが、類平は自戒の念をもちつつ、
 過剰反応はしない
 考えずにコメントしない
 ある一文を切り取って考えない
 このあたりを自分に課しつつ、これからも、応援させていただきたいと思います。

 長くなってすみません。ではまたエッセイ楽しみにしております。 
 追伸・男ってやっぱり男的なんだと思います。だから、女性である事が、大事なのではないでしょうか。是非、周囲の風潮や、ブーム的なものに、過敏になっていただきたくない。実に取るに足らないことが多いかと思います。
Posted by 類平 at 2005年11月26日 14:18
類平さんへ
こんにちは。
私もやっとこれからお昼ご飯にありつけそうです。

類平さん、諭すように丁寧に教えてくださり、ありがとうございました。
また、プっと笑ってもらえる文章を書いて行きたいと思います。
私も類平さんを見習って穏健派でやっていきたいです。。
どうも血の気が多いらしい・・。

女性である事、考えさせられる言葉でした。

類平さんに応援し続けてもらえるよう頑張ろう☆
Posted by yukiko at 2005年11月26日 14:36
こんにちは!いろいろ読ませ頂きました。皆さんこれだけ、真剣に語り合えるブログあるのてすごく感動しました。見知らぬどうしの人が真剣に意見の交換ができることなんって、普通の生活なかでは、とても考えられです(一期一会ですね!)仕事の事ですが読んでいて社会人に成り立てのことを思い出した。尊敬する上司の受け売りでが「仕事は、なにをしてきたか?自分の誇りに思える仕事どれだけ残せたか?何年かして自分の歩いてきた足跡がしっかり残っているか?それが自分人身の生きてきた形で財産だ!」よくおこられましたけ!(笑)よ〜し頑張るぞ!デヘ!
Posted by jun at 2005年11月26日 14:39
☆昨日はニギヤカな夜でしたね☆
yukikoさんに褒めていただき、有頂天マインドで眠りにつきましたワン。本当にありがとう〜!
ところで。ある意味、日本の経済構造や社会的ヒエラルキーなどに発展する方向になっていきましたが、ワタシは概ね、類平さんと同感です。
yukikoさんの文章に何か(感情?知性?その人の主義主張?)を揺り動かすものがあるのだと思います。それが作風であり、持ち味だとも。
昨日はyukikoさんが意図したところとは正反対(・・というより逸脱か?)に流れていきましたが、それは、巧みな文章ではなかったから、とか、もっと上手に表現したら・・の問題では全くないですね(キッパリ)

異業種交流会的yukikoブログ・・素晴らしいではありませんかっ^^v(実は過激な穏健犬派ショコラ☆)
Posted by 雪国ショコラ at 2005年11月26日 16:00
junさんへ
こんにちは。
真剣に語り合うのも大切なことですものね。穏健に。。
>「仕事は、なにをしてきたか?自分の誇りに思える仕事どれだけ残せたか?何年かして自分の歩いてきた足跡がしっかり残っているか?それが自分人身の生きてきた形で財産だ!」
素敵な上司のお言葉ですね。
誇りに思えるような仕事をやってきたこともあり、何も足跡を残せ中田物もあり・・・私も頑張らなくちゃ!
Posted by yukiko at 2005年11月26日 16:17
☆追記☆

ちまたでは、風邪がジワジワ〜と流行ってきています・・おぉ、何てブルブル寒いのだ・・;。
本格的な冬の到来に向けて。。体力温存、気力温存、そして!。。美貌温存のためにも、この時季をしなやかにクリアしてほしいです。。
そして。。書き続けて。。自分が納得するエッセイを。。
継続する女性はアッパレ&ウルワシイです。。☆
Posted by 雪国ショコラ at 2005年11月26日 16:20
雪国ショコラさんへ
いや〜ほんとにニギヤカでした^^
>日本の経済構造や社会的ヒエラルキーなどに発展する方向になっていきましたが、
おぉ〜、よく意味わかんないけど、わかる気がする。。

そう、意外な展開で本人びっくりしています。
いつものエッセイ(小話?)として書いたのだけれど・・。
でも、文章のせいではないと言って頂けるのは本当に嬉しい、ホロリ。。

いろいろありますよ、ね。ブログの世界にも。
過激犬でありながら穏健犬に憧れるわたくしでございます。
今日はまた温かいものでもいただきます。
Posted by yukiko at 2005年11月26日 16:29
☆追記返し☆
今こちらは小春日和が続いていますが、実はこれも風邪にかかりやすいのだとか。昼と夜の気温差が激しいからかな??
この時季をしなやかにクリアすべく、いろいろ温存してまいりたいと思います。継続は力なり、ですもんね。私が一番苦手なことだけど、アッパレ&ウルワシイと思われたいから頑張っちゃうぞ☆
Posted by yukiko at 2005年11月26日 16:32
こんにちは。
何か勘違いしていませんか?
>不要になればいつでも切れる、保障に値しない労働力でしかないのです。
これは派遣会社からみた派遣社員の話では無く、派遣会社を利用している会社にとっての話であり、現実に私の会社などがそう扱われていると言う話です。

派遣会社を利用する企業のメリットは何だと思いますか?

それから気質の話ですが、将来必ず答えが見えると思います。
何年かして「こんな事をコメントしてきたおっさんがいたな」くらいに思ってくれれば本望です。
Posted by おっちゃん at 2005年11月26日 16:35
おっちゃんさんへ
こんにちは。
私は、派遣社員として勤務する前、派遣会社の社員でした。
ですから両方の立場、派遣会社を利用する会社、すべてのことに対して熟知しているつもりです。
派遣会社を利用している会社が、そういう考えであるということ、だからこそ、の意見だったのですが、一つの記事の中では行き違いがあったのかもしれないですね。

派遣会社を利用する企業のやり方、メリットは、派遣社員として6年間勤めてきた私にはもう痛いほどわかっています。
それに関する記事も過去に書いてあります。一記事だけですべてをお伝えするのは難しいんです。。

Posted by yukiko at 2005年11月26日 16:47
(続き)
気質についてですが、将来でなく、今でも答えは見えてるんです。
わかっていても、その気質を簡単に変えられないんです。
今、それを一生懸命している最中です。

おっちゃんの伝えたい気持ち、とてもよくわかっているんです。
でも、私、このブログでぜ〜んぶ赤裸々にそのことについて8ヶ月かけて書いてきました。

おっちゃん、よかったら過去ログも見てくださいね☆
Posted by yukiko at 2005年11月26日 16:48
答えが見えているのであれば問題有りませんね。

確かに人間の気質は簡単には変わりませんが、価値観が変わるだけで人間は別人の様に成れます。

私が捉えている貴女の印象が正しいのかは分かりませんが、私の中では貴女によく似た気質の女性を知っているので心配だったのです。

全部を読んでいるわけでは有りませんが、結構前から覗いてはいたつもりですよ・・・。

それから、私の会社は派遣会社とは敵対する関係に有りながら、業種的に大手派遣会社と密接な関わりを持っており、派遣会社の内情に詳しいので派遣の悪口を書いたら気が合いそうですね。
Posted by おっちゃん at 2005年11月26日 17:13
疑問などを努力しなかった。


Posted by BlogPetのラン at 2005年11月26日 17:56
おっちゃんへ
そうか、おっちゃんも結構前から覗いてくれてたんですね。。
もっと前から違う形でお話できてれば、誤解も生じなかったかも。。
まさに派遣についての話は大きな花が咲いたはず☆

私に似た女性がどんな女性かちょっと気になるけど、きっと、大丈夫ですよ。私、一度この自分の気質が原因でとても苦しんだから。
それでもやっぱり根っこから変える事はできないのでしょうけれど。

ちゃんと諦めず話し合うっていいですね。
私、熱くなりやすいので、おっちゃん嫌な思いされたことでしょう。
ごめんなさい。
でも、最後まで食いついてきてくれてありがとうございました。

おっちゃん、これからも遊びに来て下さい。
で、できればクリックもよろしく☆な〜んちゃって。
Posted by yukiko at 2005年11月26日 19:03
書き込みさせて頂いた内容に誤字脱字があり申し訳けありませんでした。
以後、無いようにします。
Posted by jun at 2005年11月26日 21:46
junさんへ
いえいえ、気にしないでください。
そんなことより、すっごく素敵な言葉教えてくれたんですから。
Posted by yukiko at 2005年11月26日 21:51