2005年11月24日

生の力

国際千葉駅伝が今年も終わった。
何年も前からその存在は知っていたが、選手を応援する為沿道まで出向いたのは今年がはじめてである。

毎年、コースを車で通るたび、通行止めのお知らせの看板を目にしていたので、「あぁ、この日のこの時間帯はここ通れないのか」と思うだけで、マラソンに興味は殆どなかった。テレビ中継は家にいれば見た。私の庭とも呼べる範囲を、世界各国の選手が走るなんてなんかすごい。そんな感情しか持ち合わせていなかったのだ。

だが、なぜか今年は絶対マラソンを生で見たい、という気持ちがムクムクと湧き上がってきた。やはり、環境の変化が私の気持ちを変えたのだろうか。
冬の優しい日差しを浴びながら、母とゆっくり沿道へと散歩がてら歩いていった。

テレビ中継を見る限りは、人が重なり合って旗を振っているイメージだったが、ギリギリに着いたにも関わらず、思ったより人は少なかった。そのおかげで、私は最前列で見ることができた。通り過ぎていく選手との距離は1mもなかった。思ったよりスピードは速い。あっという間に皆通り過ぎていく。男子から始まり女子の最後の選手まですべて見送った。

日本人選手も外国人選手も、私は誰も名前を知らなかった。
だが、そんなことは全然関係ない。肌の色も髪の色も目の色も、そんなことも全然関係なかった。どの選手も苦しそうな歪んだ顔をしていた。それでも猛スピードで私の前を通り過ぎていくのだ。誰もが必死になって走っている。手を抜いてる者など誰もいない。そんな姿を見ていたら、その一人一人に声援を送りたくなった。

私は、必死に旗を振って応援した。
声を出して応援したかったが、胸にぐっとくるものがあり、声にならなかったのだ。マラソンがこんなに魅せられるものだったなんて・・。

テレビで有名な選手が走っているのを見ると、その人ばかりに目が行ってしまい、その他の選手の頑張りは殆ど目に入ってこない。だが、その場で最後まで見送っていると、どの選手の頑張りも見ることができる。最下位の選手が物凄く辛そうな顔をして走っているのを見た時、今迄で一番強い気持ちで旗を振った。「もうちょっとだから頑張って!」と。

そんな、私が沿道で感動しまくっていた頃、通行止めのギリギリのところに車を止めて、その車に乗ったまま観戦している人達もいた。彼らの目には一体何が映っていたのだろうか。

感動しつつ応援しつつも中継車が通るたび、ちょっと顔を作ったりしていたので、家に帰ると早速テレビに釘付けになった。“私、どんな感じで映ってるんだろう。きゃ〜!”

だが、私達が立っていた場所は、唯一ドラマのない場所だった。その直前には急なアップダウンがあり、その先には中継地点があった。その真ん中の平坦な、誰もがほっとするような、そんな場所に私達はいたのだ。他の場所はほんのちょっとでも必ず映っていたのに、“あっ!”と思った瞬間、場面は飛び、先にあった中継地点をテレビは映し出していた。・・・ちょっと、いや、かなりガッカリした。

こうして、世界の国の人々が、私達の街にやってきて感動を与えてくれる。
ずーっとそんな社会であって欲しいと純粋に思った。

だが、同じ物を見ても、その時の自分の置かれている立場や環境によって、物の見方は変わってくるだろう。私は、今回の生マラソンを見て“今の私、悪くないじゃん”そう思うことができた。

果たして、来年はどう感じるのだろうか。。

私も一生懸命頑張っています!人気blogランキング応援クリックお願いします☆


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/late_bloomer/50252959
この記事へのコメント
コンバンワ。
中継点手前だと映らないかもしれませんねー(笑)
私も高校の時に陸上部だったので、大学駅伝の補助員(道を止めたりする人)やっていて映る事を期待しましたが、モロ逆車線に配置されましたよ・・・。

ちなみに、走っていても結構沿道の声って聞こえるものです。
よく勝った時のインタビューで「沿道の応援が力になって」みたいな事を言ってますが、私は本音だと思います。
「がんばって!」「ファイトー!」とか言われるとホントに背中を押された気分になるんですよ!

もしまた見に行くことがありましたらぜひ声を掛けてみて下さい。


Posted by ユージ at 2005年11月24日 00:48
yukikoさん、コメントおひさしぶりです。
記事は読んでますよ。もちろんポチもね。

マラソン、生で見たことないけど感動しそう。
テレビでやってる駅伝とかマラソン、ついつい引き込まれてジーーンとくる。
一生懸命な人って、まわりは応援したくなるよね。
Posted by peko at 2005年11月24日 01:23
yukikoさん、こんにちは!
千葉でマラソンレースがあったんですね。私が住む国でも毎年トライアスロンの大きなレースがあり、日本は元より色々な国の方が参加しています。

その参加選手の中に、日本人男性で片足の膝から下が義足の方がいらっしゃいました。聞くところによると、彼は過去数年毎年参加しているとの事。一番最初は水泳です。レース開始となった時、彼は義足をはずし片足で飛び跳ねながら、浜辺から海へと向かいました。

海から上がって来た彼は、総参加者中のちょうど真ん中ほどでした。その後、彼は自転車レースへと走り去って行きましたが、健常者でさえ辛いこのレースに敢えてチャレンジする彼の逞しさと、強靭な精神力に感動さえしました。

レースを観戦した事は、肉体的にも精神的にもまだまだ未熟な自分を省みる良い機会になりました。色んな所で、色んな形で学ぶ機会がある事に感謝ですね!
Posted by Sari at 2005年11月24日 05:44
写ガール/安全・安心・
Posted by 写ガール at 2005年11月24日 06:10
ユージさんへ
ほんのちょっと足を伸ばせば中継地点だったのになぁ。
今度はもっと下調べをしてから、場所取りしよう。

本当にどの選手も「沿道の声援に励まされた」ということをインタビューで言っていますよね。その意味がわかった気がしました。
今度は、大きな声でその人の目を見て一生懸命応援したいです。


pekoさんへ
本当に生でみると感動します。
きっとマラソンに限らずどんなスポーツでも、生で見たらもっと感動するのでしょうね。。一生懸命な姿は本当に素敵でした。
Posted by yukiko at 2005年11月24日 11:44
Sariさんへ
>レースを観戦した事は、肉体的にも精神的にもまだまだ未熟な自分を省みる良い機会になりました。色んな所で、色んな形で学ぶ機会がある事に感謝ですね!
本当にそうですね。
そして、そこから何かを学べる自分でいられたらと思います。
それにしてもトライアスロンか・・。
これってものすごくきつそうですよね。。
Posted by yukiko at 2005年11月24日 11:50
yukikoさん
たびたびすみません。

yukikoさんは病気を治していらっしゃる最中のようですが、そう言えば私も病気持ちである事をお伝えしていませんでした。

私は実は食道ガンの疑いがあるんです。だいぶ前に食道にポリープが見つかって、ちょっと悪性なんだそうです。ですから本来ならば、定期的に再検査をしないといけないのに、私ったら全然していないんですよ。いけませんね。

でも病気の事なんか気にせずに、毎日自分がしたいと思う事をしてればとっても気分が良いし、自分の身体がそんな事になっているなんて微塵にも思わずに過ごせるんですよね。

自分がしたい事って何でも良いんですもの。それがただ寝転がってるだけだって、自分がしたい事なら楽しいんですもん。そう思いませんか?



Posted by Sari at 2005年11月24日 14:02
Sariさんへ
>自分がしたい事って何でも良いんですもの。それがただ寝転がってるだけだって、自分がしたい事なら楽しいんですもん。

私は、ずっとずっと「xxしなければいけない」という呪縛から離れられずにいました。今も時々それに苦しめられることがあります。
だから、私、ずっと誰かにそう言ってもらいたかった。。
コメントを読んだ時、思わず泣いてしまいました。
Sariさん、ありがとう。

定期検査をマメにすると、病気のことばかり気になってしまうかもしれません。でも、私からのお願いです。近いうち必ず一度検査に行ってください。
そして、Sariさんが、ここへ来るのを少しでも“したいこと”だと思ってくだされば、何度でもガンガン来て下さい。私にもっといろいろなこと教えてくださいね。よろしくお願いします☆
Posted by yukiko at 2005年11月24日 15:06
いろんな人が、その人なりに自分の人生を送ろうとしていますよね。
私も その中の一人で。。。
苦しくても、楽しくても それが、自分の決めたことで 納得できる人生送っていきたいね。

Posted by はなもぐ at 2005年11月24日 15:33
はなもぐさんへ
本当は、苦しくない方がいいんだけど・・、でも、自分が決めたことであれば、苦しいことがあっても楽しめる気がします、よね☆
Posted by yukiko at 2005年11月24日 17:11
☆こんワンば!☆

。。自分で決めたこと。。って、たとえ多少の困難を伴ったとしても、達成するまでの作業や道のりの中に、発見や喜びも見出せるよね。。
誰かに強制されたり、迎合するための決定ではなくって「自分の、自分による、自分のための決定。」(リンカーンではないが。。)は潔い&賢い。
そういう人って、すがすがしい毎日を過ごせることが出来るのでは。。?
お〜い、yukikoワン、すがすがしいですかぁ〜〜〜??(。。と吠えてみる)

一度だけ、国際なんとかマラソンを通りすがりに応援したことがあります。
ただただ驚いたことは。。すっごいスピードで走っているって、事実。
彼らは、信じられない猛スピードで、ずぅ〜〜っ走っているのですよね〜。
駆け抜けていった時は、一瞬、強風がビュン〜!と吹いたようだった。。ぶわんっ。。ビュ〜ン。。ぶわんっ。。あぁ、風が!のイキオイでした☆
Posted by 雪国ショコラ at 2005年11月24日 18:27
雪国ショコラさんへ
☆こんワンば!☆←犬語が進化してる・・。
>誰かに強制されたり、迎合するための決定ではなくって「自分の、自分による、自分のための決定。」(リンカーンではないが。。)は潔い&賢い
そうですね。本当にそう思います。
私ですか?そうしたいと思いつつ、なかなかそうできない時がたくさんあり、すがすがしく過ごせ切れてない、と気付きました。
でも、もう迷いはなくなりました。ワンのおかげです☆

通りすがりに応援ですか・・そんな幸運もあるんですねぇ。
そういえば、私の向かいではゴールデンがお利口さんにして応援してました。よく中継で一緒に走ってる人見るけど、その気持ちすごーくよくわかりました。スピードを体感したいんだなって。
Posted by yukiko at 2005年11月24日 20:11
こんばんわ!
凹んだ記事から今日は、マラソン観戦か〜
ほんまに気持ちって動いているのですね。
悪くも良くも。
こうやって投稿していると「あるがままの私」って結構イケテル!

我が滋賀県にも「びわこ毎日マラソン」があります。
テレビで観戦するだけですが。

普段気にもならないことが、何かを境に急に気になるってありますよね!
これって自然の摂理なんだと思います。
何かに駆られるってー後でアン時どうしたのかな?と思うけど、そのように動いて大概間違いは無い。
そんな風に気持ちが動く人が本当に少なくなってしまっているかと。
というか、気持ちの赴くままに動くって事がかなり難しい現実なんだと思う。
人間動物なんだから、本来の姿なのかもね!
いつも利用者さんの、気持ちをストレートに表現する機会を毎日見ているとーこんな風に思いました。筋肉痛が出る前に、今日も長距離散歩でした。
Posted by ふぁんふぁん at 2005年11月24日 21:33
ふぁんふぁんさんへ
こんばんは。そうです、気持ちって動いてるもんですね。。
そうそう、今まで全然気にも留めなかったことに急に気になることが多いんです。それって間違いじゃなかったんだ。。
確かにそう気持ちの赴くままに動くことは難しくなってきてますね。。

毎日長距離散歩気持ち良さそうだな〜。
私も以前は週末必ず家の前のサイクリング道路6キロを、1時間かけて歩いてたんです。また復活させたいっ!
Posted by yukiko at 2005年11月24日 22:29
はじめまして。こんにちは。ライブドアブログの‘走る’のところから寄らせて頂きました。
マラソンを生で観た感想がリアルに伝わってくる文章力は流石ですね。私は運動中毒が高じてマラソンにはまっていますが、一方でブログ中毒(笑)にもなって毎日日記の如く更新しています。また遊びにきますので宜しくお願いします。
Posted by exercise dependency at 2005年11月25日 07:48
exercise dependencyさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます☆
リアルに伝わってきましたか!?嬉しいな。
マラソンって苦しいけど、はまっちゃう気持ちなんとなくわかります。
ブログ中毒も^^私もできるだけ毎日更新できたらなって思っています。
是非、また遊びに来てくださいね☆
Posted by yukiko at 2005年11月25日 10:07
懐かしいなぁ、国際千葉駅伝。
休日出勤での出社時に14号の千葉みなと付近で毎年足止め
を食らっていました。
いつも渋滞の後ろの方にいたので、まったくもう!と頭に
きていましたが、ある年は偶然交通規制の一番先頭でした。
そのときは選手の走るスピードにただただ驚きました。
あんな早い走りで何キロも走るのかと。ちょっと熱くなりました。
あれはTV観戦ではわからないですね。生で観ないと。
スポーツ観戦はアスリート達から感動とエネルギーをもらえるので、
大好き!です。
Posted by UT at 2005年11月25日 12:11
UTさんへ
そっか、UTさん千葉にいたんですもんね。
毎年足止め食らっちゃうなんて・・UTさんらしいようならしくないような・・。一番前での足止めはラッキーでしたね^^
本当に選手の方って小柄で細くて、でもすごいパワーを持ってる。
私も彼らからたくさんの感動とエネルギーをもらっちゃいました☆
これからのスポーツ観戦は、もっと気合が入りそうです。
Posted by yukiko at 2005年11月25日 19:59