2005年06月23日

余裕、余裕

姉の住むスイスへ遊びに行った時、近くの湖のほとりに建つお城に連れて行ってもらった事がある。特に城に興味があったわけではなく、観光名所だというので「一応押さえておく?」位の気持ちで見に行ったのだ。
姉は何度か来た事があるらしく、ところどころ説明してくれたが、なんてったって階段が多い。ヒーヒー言いながら上るのが精一杯。お城から見える湖は素晴らしく美しかったが、とにかく疲れた。足が痛い。母は、口をへの字に曲げて座り込んでいた。私達姉妹はその顔マネをして母をおちょくった。もっと楽しい顔できないもんかね、まったく・・。

そのお城で姉は今、ツアーガイドの仕事をしている。
姉なりに説明に工夫を凝らし、ネタを仕込んで笑いをとったりしているらしく、始めた頃は、「笑ってもらったりしてるし、日本人が多く来るから、日本の話も聞けて楽しい」と言っていた。

スイスは夏にかけてがベストシーズン。多くの観光客が訪れる季節だ。そうなると団体さんも人数が多くなり、姉は一度に50人位を相手に説明しながら城を上っていくらしい。聞いてるだけで足が痛くなりそうだ。

お城の中は入り組んでいて、場所によっては姉が扉を手で押さえて御一行様をお通ししなければならない。50人がそこを通り過ぎるにはかなりの時間がかかる。もちろんそこは日本人の貸切ではないわけで、他の国の人々も来ているのだ。彼らはニコニコしながら日本人の団体が通り過ぎるのを待ってくれているという。そういう時姉は、御一行様に「ちょっと通してあげてもらえますか?」とお願いするそうだ。だが、そんな言葉にちっとも耳を貸さず、我先にと通ろうとする日本人がいかに多いかとても嘆いていた。だが、もちろん、日本人の中にも、周りを見る事が出来る人もいて、「どうぞ」と言って、その個人で訪れている他の国の人に道を譲ってくれるという。

譲れることのできるタイプの人は、姉の説明にもきちんと耳を傾け、笑う場所ではきちんと笑ってくれるそうだ。その人たちに共通する点は、皆、身奇麗にしていて、余裕を感じさせることだと言う。おそらくどこへ行っても彼らは、その場その場をきちんと楽しみ、他人への気配りができる人なのだろうと思った。

ヨーロッパにはツアーで行く人が多い。しかもスケジュールは過密だ。中には自分が好んで行く場所ではないところもあるだろう。だが、逆にそういうところへは、一生行く機会がないかもしれないのだ。だったら、例え意に反する場所へ連れて行かれたとしても、その場所のことを知り、ひとつでも多く思い出を残したほうがいいだろう。

スケジュールをこなすべく、一目散に前へ進むなんて勿体無い。どこへ行っても周りに気配りができて、楽しむことができる余裕。そういう余裕を持って旅行を、いや人生を楽しめる歳の重ね方をしていきたいと思う。

私も、もう一度あのお城へ行ったら、もっと違った感想が持てるかもしれない。そのチャンスがまた巡って来ればいいのだけれど。

ランキング今何位?
クリックしてみてくださいね



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/late_bloomer/26122916
この記事へのコメント
yukikoさん、こんにちは!みっちーです。昨日は私のブログの方へも遊びに来て頂きありがとうございました!とっても嬉しかったです^^

今日もすご〜〜くいい話ですね。私も年に1,2回は海外へ行くので共感するところがいっぱいありました!

>逆にそういうところへは、一生行く機会がないかもしれないのだ。だったら、例え意に反する場所へ連れて行かれたとしても、その場所のことを知り、ひとつでも多く思い出を残したほうがいいだろう。

↑ホントに、そうゆう貪欲さみたいなのを持っていたほうが、人生楽しいと思います^^。私も海外では嫌な思い出もありますが、そういう経験ができたことを良かったなと思ってます。
Posted by カンタン・おしゃれなフラワー研究室 at 2005年06月23日 20:29
(つづき)

来月にはタイに旦那と遊びに(ちょっと早い夏休み^^)行くので、

>どこへ行っても周りに気配りができて、楽しむことができる余裕。

というのを忘れないようにしたいなぁと思いました!^^
では、またお伺いしまーす!

PS.私もクリックさせて頂きました!もう、すっかりyukikoさんのファンなんで(笑)…これからも応援してます^^ 私のブログのほうも更新したので、お暇な時また遊びに来てくださいね!では♪(ちなみに女性を花に例えたような内容です^^)


Posted by カンタン・おしゃれなフラワー研究室 at 2005年06月23日 20:30
みっちーさんへ、
こちらこそまた遊びに来ていただいて嬉しいです!
夫婦でタイ旅行か、いいですね。。私はタイ人の男の子好きなんです。ジャニーズ系が多いと思うのは、私だけでしょうか・・?じっくり見て来てください☆少し早い夏休み、楽しみですね。いっぱいいっぱい楽しい思い出作って来てください!
Posted by yukiko at 2005年06月23日 21:19
とても素敵なお話ですね♪
お姉さま、さすがです。
気持ちに余裕を持つことって本当に大切ですよね。

自分を身奇麗にし、他人にも気遣いができる、いつもそんな女でありたいとつくづく感じました。

ところでyukikoさんジャニーズ系が好み?(笑)
実は私はイケてる男の子が苦手なんですぅぅぅぅぅ(爆)
いつもいってる美容院の担当の人が忙しいとき、シャンプーしてくれる男の子(26歳だと言ってた。若いっ)がいるんですが、その子にシャンプーしてもらうと、緊張しすぎて疲れちゃうのよ〜
ダサすぎるのも困るけど、すごいイケメンは見てるだけでいいと思う私です。

Posted by ナナっち at 2005年06月24日 13:04
いつも身奇麗にしているって意外と大変だったりしますよね。今度は自分をネタに考えてみようっかな。最近だらけちゃって・・えへへ。
以前はジャニーズ系も含め、見た目で判断すること多かったですね。。もう雰囲気でクラクラしちゃうというか・・。今は違いますよ!素敵な男の子は私も見とれるだけで充分。価値観って変わるものですね。。
Posted by yukiko at 2005年06月24日 21:43
こんばんは。お邪魔しています。
いつも本当に楽しく読ませていただいています♪
どこへ行っても周りに気配りができて、楽しむことができる余裕
を私も身につけたいです。余裕があれば、旅行だけでなく仕事も
育児もきっとうまくいきますよね。
Posted by happy_horse at 2005年06月24日 22:13
happy_horseさん、こんばんは。
こちらこそいつもありがとうございます!
余裕って何事にも大切ですよね、だからこそ身に付けたい。けど、ちょっとでもハプニングがあるとすぐ余裕なんてどこへやら。。まだまだ時間はかかりそうだけど、頭の隅においておければと思っています。
Posted by yukiko at 2005年06月24日 22:48
初めてカキコします。 そのお城ってシオン城ですか? 私は前にローザンヌに1ヶ月滞在したことがあり、確か近くにシオン城があり感動した記憶があります。 また行って見たいですね。。。  ローザンヌの町も大好きでした。
Posted by まさ at 2005年06月27日 11:07
初めまして、まささん
そうです!シオン城です。あの辺りは本当に美しい所ですよね。ローザンヌは私も大好きです。姉の住む街はローザンヌから電車で15分くらいのところなので、買い物する時はローザンヌへ行ってました。ほどよくお店もあり、落ち着きもあるとても素敵な町だったのを記憶しています。私もまた行きたいな。。
Posted by yukiko at 2005年06月27日 11:24